logo

BOOKING.COMが開く、個人向け旅行の可能性 「パッション・サーチ」を導入

Booking.com 2016年03月02日 15時08分
From 共同通信PRワイヤー

BOOKING.COMが開く、個人向け旅行の可能性 「パッション・サーチ」を導入

AsiaNet 63618

革新的な新オンライン・プラットフォームにより、旅行者は興味に合った目的地の検索が可能に

本参考資料は2016年3月1日(現地時間)にアムステルダムで発表されたプレスリリースの抄訳です。

[2016年3月1日 アムステルダム(オランダ)]幅広い選択肢の宿泊施設を旅行者に提供しているグローバル・リーダーであり、世界最大のオンライン宿泊予約サイトであるBooking.com(Priceline Group [NASDAQ: PCLN]のグループ会社)は、本日、ユーザーの興味やテーマからおすすめの目的地を簡単に検索できる新ツール「パッション・サーチ」の導入を発表しました。この新しい検索方法では、ユーザー個人のパッション(情熱)や興味と、それに最も合う目的地や滞在先をマッチさせます。旅行業界で導入されている通常の検索方法と比べ、非常に包括的な方法であり、特定の都市や宿泊施設名から検索するだけの現在の旅行検索サービスを変革します。

リンク

星が好きな人、屋台が好きな人、あるいはスカイダイビングに熱中する人。それぞれの人が、世界中から自分に合った目的地を探し出すことができるようになります。220以上の国と地域の85万軒を超す宿泊施設、しかもその様式はホテル、アパートメント、ヴィラ、イグルー、ツリーハウスなど30タイプもあるリンク にアクセスすれば、世界中のどのような関心を持っている冒険家でも、存分に満足できます。このBooking.comの目的地サーチでは、新しい革新的なアルゴリズムを駆使して、世界中のBooking.comユーザーからの2,600万件を超えるおすすめ情報をもとに、各旅行者が求めている体験に最もふさわしい目的地を検索できます。

Booking.comの「パッション・サーチ」プラットフォームの特徴:
・スカイダイビング、トリュフ狩り、タンゴなど、200項目を超えるパッション・テーマから検索が可能。
・1,000ヶ所を超える目的地について、確かな専門知識とBooking.comユーザーからのクチコミをうまく組み合わせた豊富なコンテンツを提供。
・現地情報に詳しいエキスパートによる180以上の旅行情報を掲載し、話題のスポットや現地のおすすめ情報を提供。

Booking.com最高製品責任者(CPO)のデイビッド・ビシュマンズは次のように述べています。「Booking.comは単なる旅行取引サービスではありません。弊社が提供するのは体験です。ホテル、ヴィラ、アパートメントのいずれであれ、世界中のどの都市や村であれ、弊社サイトできっと最高の滞在場所を見つけていただけます。ところが、旅行したいけれど、行き先を決めていない場合はどうでしょうか?弊社ではユーザーのパッションに基づいて世界各地の最適な目的地を探し出す技術を開発しました。弊社が目指すのは、旅行するすべての人を、個人それぞれの興味や希望に完全に合う目的地と結びつけることです」

お問合せ
本プレスリリースに関する詳細情報は、Booking.com  PR事務局までお問い合わせください。
booking.com@vectorinc.co.jp /JapanPR@booking.com

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について
ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。当社の予約サイトは、42ヶ国語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、223以上の国と地域、8万6,000ヶ所以上の目的地、そして85万9,000軒以上の宿泊施設(うち約39万軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを7,800万件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サ イトです。19年を超える経験をもとに、世界各国・170以上のオフィス、1万名以上の社員、日本語を含む多言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com(TM)(リンク)の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。

さらに詳しい情報は、リンク をご参照ください。また、Twitter(リンク )、Google+(リンク )、Pinterest(リンク )、Facebook(リンク )の公式アカウントを開設しています。フォロー、または「いいね!」をお願いします。

【報道関係者各位の問い合わせ先】
Booking.com PR 事務局(株式会社イニシャル内) 担当:寺尾/藤本/牧野
MAIL:booking.com@vectorinc.co.jp

ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社 広報担当:岩崎健
MAIL:JapanPR@booking.com


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事