logo

【新サービス】インロジックから中国向け越境ECをトータルにサポートする5つのサービスが登場! 今なら5サービス同時申込みで中国通販サイト運営代行サービスが1ヶ月無料になるキャンペーン実施中!

インロジック株式会社 2016年02月29日 16時04分
From PR TIMES

『中国向け越境EC』参入における様々な悩みを解決し、企業様の中国展開をプッシュアップ!

インロジック株式会社(東京都北区西ケ原1-11-4 社長 玄杰 TEL03-5944-5462)は、2016年3月1日(火)より、中国に特化した5つの越境ECサポートサービス『中国通販モール出店代行サービス』『中国通販サイト運営代行サービス』『中国語デザイン制作サービス』『中国SNS運営代行サービス』『中国語カスタマー対応サービス』をリリースいたします。



[画像1: リンク ]



2016年現在の富裕層人口3億4000万人、インターネットユーザー6億8000万人と、経済成長の著しい中国では近年、海外から直接商品が届くサービス『海淘(ハイタオ)』の人気が高まっています。
そのような状況を踏まえ、日本企業の中国への関心は年々高まりを見せており、現在では多くの企業が中国向け越境EC事業に参入しています。
一方で、日本企業が中国向け事業を始める上では、「言葉の壁」や「文化の違い」等が原因となる様々な問題があり、その手間とリスクを懸念し「なかなか中国向け越境ECに踏み出せない」という企業様も多くいらっしゃいます。

インロジックでは、中国事情に精通した専門スタッフによる『中国向け越境ECトータルサポートサービス』をリリースし、日本の企業様がよりスムーズに中国展開を始められるようプッシュアップして参ります。


■サービス1『中国通販モール出店代行サービス』
中国の通販モールに出店するためには、大量な中国語書類の作成が必要なだけでなく、中国現地における返品拠点の設置や、それに伴うスタッフの確保など、様々な課題が浮き上がってきます。
インロジックでは、年間成長率100%を誇る中国2番手の大型通販モール『JD(京東商城)』における、新規ショップアカウントの取得から店舗運営のコンサルティングまで、出店に関わるあらゆる作業の代行サービスを提供いたします。
[画像2: リンク ]



■サービス2『中国通販サイト運営代行サービス』
中国通販サイトの運営を中国現地の会社に委託すると、言葉が通じないだけでなく、突如連絡が取れなくなってしまったり、勝手に他社の商品を出品されてしまったりと、思いもよらないトラブルが起こりがちです。
インロジックでは、お客さまが日本にいながら中国現地の通販サイトを運営できる中国通販サイト運営代行サービスを提供いたします。
[画像3: リンク ]



■サービス3『中国語デザイン制作サービス』
中国向けに商品を販売する上で必須となるのが中国語コンテンツデザインですが、日本と中国では消費者が好むデザインスタイルに大きな違いがあるため、ただ日本版コンテンツの言葉だけを中国語に翻訳しても、なかなか転換率は上げられません。
インロジックでは、中国語デジタルコンテンツ(商品ページ、LP、webサイト等)をはじめ、中国語パンフレットや商品パッケージ等の紙媒体まで、中国人消費者のニーズにマッチしたデザインと言葉選びによる制作サービスを提供いたします。
[画像4: リンク ]



■サービス4『中国SNS運営代行サービス』
中国版LINEの役割を担うメッセージ&ソーシャルアプリのWeChat(利用者数7億人)と、中国版Twitterの役割を担うWeibo(利用者数5億人)。どちらも現在ではSNSの枠を超えて、ショッピングモールやお財布、飲食店の予約など、さまざまな付加機能を充実させ、中国人の生活に欠かせないアプリとなっています。
インロジックでは、より信頼性の高い法人アカウントによる企業情報や商品情報の紹介、キャンペーン情報の配信といったSNS運営代行サービスを提供しています。
[画像5: リンク ]



■サービス5『中国語カスタマー対応サービス』
中国通販サイトへの出品や、中国向けプロモーションを始める際に問題となるのが、中国人顧客への中国語によるカスタマーサービス。
インロジックでは、電話やメールへの対応はもちろん、中国国内で人気の高いWeCahtやQQ、AliWangwangなどによるオンラインチャット形式によるカスタマー対応など、幅広いカスタマーサービスに対応します。
[画像6: リンク ]



今なら、上記5つのサービスを同時申込みで、中国通販サイト運営代行サービスが1ヶ月無料になるキャンペーン実施中!
(2016年3月31日までにお申し込みお頂いたお客様に限ります)

【サービスの紹介ページはこちら】
リンク

【資料のダウンロードはこちら】
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。