logo

「機動戦士ガンダム」と日本の伝統芸能「落語」がコラボレーション! ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」2/28公開

立川志らくが「機動戦士ガンダム」の世界観を解釈・再構築



[画像1: リンク ]

株式会社サンライズは、「機動戦士ガンダム」初の試みとして、日本の伝統芸能「落語」とコラボレーションし、ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」を、2016年2月28日より公開しました。
「らすとしゅーてぃんぐ」は、立川流真打の落語家・立川志らく(株式会社ワタナベエンターテインメント)が「機動戦士ガンダム」の世界観を解釈・再構築した落語で、サンライズが運営するガンダム情報公式サイト「ガンダムインフォ」にて公開いたしました。また、立川志ららによる日本初の「パチンコ落語」も同時公開しました。


●「ガンダム落語」特設ページ:リンク

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


●ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」
[動画1: リンク ]



●「パチンコ落語」動画
[動画2: リンク ]



■ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」とは?
日本を代表する二大大衆文化を現代のセンスで融合させて新たな芸能に昇華する試み。話の題材は落語界の名作「大工調べ」。江戸の世界にガンダムの主人公たちが絡み合う。長屋の家賃を滞納した大工のヨハロウ、そしてそれをかばう棟梁のアムロウ。彼らを迎え撃つのは穀物問屋のジオン家の旦那赤い半纏のシャア。そんな彼らを納めるお奉行様のララ。結末はいかに!落語界の鬼才立川志らくが挑む。

■立川志らくプロフィール
1963年8月16日、東京都世田谷区出身。立川流の落語家。
1985年、日本大学芸術学部在学中に立川談志に入門、
1988年二つ目、
1995年真打ち。
映画と古典落語を巧みに合体させた「シネマ落語」を次々と創作し、70本を超える作品を発表している。
さらに、映画監督(日本映画監督協会所属)、映画評論家、エッセイスト、昭和歌謡曲博士、劇団主宰としても精力的に活動。既成概念に囚われない「落語会の鬼才」である。

■立川志ららプロフィール
1973年神奈川県生まれ。落語立川流真打。
1997年立川志らくに入門、2002年二つ目昇進、
2015年真打昇進。前座時代より放送作家・高田文夫氏の付き人としても修業を積む。
2008年、2010年NHK新人演芸大賞落語部門入賞。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事