logo

シーメンスPLMソフトウェア「自動車業界におけるOEM&サプライヤー・コミュニケーションセミナー」を開催

シーメンスPLMソフトウェアは3月17日に 東京 品川フロントビルにおいて、 「自動車業界におけるOEM&サプライヤー・コミュニケーションセミナー」を 開催いたします。

OEMの高レベルな自動車開発プログラムへの要求に対応するため、自動車サプライヤーは様々な顧客、パートナーとコミュニケーションしつつ、品質、性能、コスト、期間を守る必要があります。自動車サプライヤーはプログラムのあらゆる段階において、直前の修正や保証問題によるコストを避け、効果的なコラボレーションを行わねばなりません。増え続けるプログラムの管理に直面する現在、その重要性は一層大きくなっています。

本セミナーでは、自動車業界のグローバル最適化に向けた、製品ライフサイクル管理(PLM)によるグローバルサプライチェーンの様々な価値の最大化およびCADツールに依存しないダイレクトモデリング技術を中心とした効率的なマルチCADデータ運用等の解決策をご紹介いたします。完全なエンタープライズソリューションを展開することにより、様々なコラボレーション環境においてOEMとサプライヤーのより強力で直観的なコミュニケーションが実現します。

またお客様事例講演として、日産自動車株式会社様をお招きし、社内外を含めたコラボレーションの現状と取り組み、将来展望をご紹介頂く予定です。

ぜひ、この機会に「自動車業界におけるOEM&サプライヤー・コミュニケーションセミナー」にご来場いただき、自動車製造業界の最新動向をご覧下さい。

<自動車業界におけるOEM&サプライヤー・コミュニケーションセミナーの概要>
・開催日時:2016年3月17日 (木) 13:30 ~ 17:00(受付開始 13:00 ~)
・会場:品川フロントビル 地下1階 会議室A 東京都港区港南2-3-13 
(アクセス)
リンク
・参加費:無料(事前登録制)

イベントURL: 参加登録およびイベント詳細は下記サイトをご覧ください
リンク
シーメンスPLMソフトウェアについて
リンク
シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitter アカウント
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。