logo

メンター・グラフィックス、エミュレーション新世紀を切り拓くVeloce Appsを発表

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 2016年02月26日 10時00分
From PR TIMES

メンター・グラフィックスが、エミュレーション機能を拡充し、検証エンジニアの生産性を高めるアプリケーションライブラリ「Veloce Apps」を発表しました。新たにラインアップに加わった、Veloce Deterministic ICE、Veloce DFT、Veloce FastPathは、複雑なSoC設計やシステム設計のシステムレベル検証における重要課題の克服を支援します。



[画像: リンク ]

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、Veloce(R)エミュレーションプラットフォームに対応する新しいアプリケーションを発表しました。Veloce Appsのラインアップとして今回発表するVeloce Deterministic ICE、Veloce DFT、Veloce FastPathは、複雑なSoC設計やシステム設計のシステムレベル検証における重要課題の克服を支援するものです。いずれのアプリケーションも、設計コンパイルサイクル、ゲートレベルフロー、結果表示までの時間(波形目視までの時間)を劇的に加速するようにアップグレードされたVeloceのオペレーティングシステム(OS)であるVeloce OS3上で動作します。Veloce AppsとVeloce OS3の組み合わせは、ハードウェア主体のエミュレーション戦略と比べた場合、より多くの機能を、より早く、より多くのエンジニアに届けることができ、エミュレーションにおける新世紀を切り拓きます。

新しいVeloce Appsは、以下に示す個別の検証問題を解決します。

Veloce Deterministic ICE - デバッグ時における100%の可視性と再現性を実現し、ICE(インサーキットエミュレーション)環境で発生する予測不能性を排除します。また、他の仮想化技術のユースモデルにも対応しています。
Veloce DFT - テープアウト前のDFT(Design for Test)検証を加速させ、破局的な故障のリスクを最小限に抑えるとともに、DFT挿入後の検証時間を大幅に短縮します。
Veloce FastPath - 実行速度の早いモデルを使用し、大規模なマルチクロックSoC設計検証時のエミュレーション性能を最適化します。


既存するVeloce Power、Veloce Enterprise Serverやその他のアプリケーションに加えて、今回発表する新しいアプリケーションが登場したことにより、Veloceを基盤とする革新的なソフトウェア製品ラインが一層充実したものとなりました。メンター・グラフィックスは今後もVeloce Appsを拡充させ、機能面と性能面の両方の要求仕様を満たした設計をスケジュールどおりに完成できるように、最先端の検証手法を提供していきます。

Veloce OSは、ソフトウェアのプログラマビリティとリソース管理機能をVeloceに追加します。これにより、新しいユースモデルを追加しやすくなるため、エミュレータに対するROIを高めることができます。アップグレード版のVeloce OS3は、以下の画期的な特長を備えています。

新しいHPC(高性能計算)プラットフォームを統合し、コンパイル時間を50%短縮します。
プラグ&プレイの高速ゲートレベルフローは、フラット設計と階層型設計の両方をサポートし、コンパイルに必要なメモリ容量を抑制して性能を改善します。ゲートレベル設計の読込みと検証が容易になり、実シリコンに近い忠実性を確保します。
処理時間やデバッグサイクルを高速化できるようなソフトウェアとハードウェアの組み合わせによって、波形目視までの時間を半減させます。


今回発表するVeloceの新しいエミュレーション機能は、革新的なソフトウェアを強力で適切なハードウェアおよび拡張性に優れたOS上で実行させる戦略が、ハードウェア主体のエミュレーション戦略よりも早く設計リスクの解消に集中できることを示唆するものです。エミュレーションも第4世代へと移り、主要市場での採用が拡大するなか、Veloceは、幅広いハードウェア、ソフトウェア、システム検証フローにとっての強力なリソースと位置づけられています。

「メンター・グラフィックスは、Veloceプラットフォームを基盤とするアプリケーションベースの戦略を通して検証技術を牽引し続けます。また、これらの最新のイノベーションは、顧客の検証スループットと検証パフォーマンスを加速します。SoC設計とシステムレベル設計の双方の重要課題を解決するソフトウェアアプリケーションの開発は、エミュレーションの将来を推進します。」メンター・グラフィックス、Mentor Emulation Division、Vice President and General Manager、Eric Selosseは、上記のように述べています。

Veloceエミュレーションプラットフォームについて
Veloceエミュレーションプラットフォームは、ASICとSoCの機能検証の生産性を高めるMentor(R) Enterprise Verification Platform(EVP)の中核技術となっており、包括的なプラットフォーム内に高度な検証技術を備えています。

エミュレーションは、ハードウェアデバッグ、ハードウェア/ソフトウェアの協調検証や統合、システムレベルのプロトタイピング、ローパワー検証、消費電力評価、性能特性評価に対して最も万能で強力な検証ツールとして考えられるようになり、多くのプロジェクトチームで使用されています。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、2015年1月31日締めの年度売上高としておよそ12億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。