logo

大京グループ、東京都の『がん患者の治療と仕事両立へ優良な取組を行う企業表彰』優良賞を受賞

株式会社大京 2016年02月25日 15時04分
From Digital PR Platform


 株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽)は、2016年2月22日(月)、東京都が主催する『がん患者の治療と仕事両立へ優良な取組を行う企業表彰』において『優良賞』を受賞いたしましたので、お知らせいたします。なお、不動産業界では初の受賞となります。

■「がん患者の治療と仕事の両立に関して優良な取組を行う企業への表彰」について
 東京都では、「東京都がん対策推進計画(第一次改定)」に基づき、がんの治療と仕事の両立(※)支援に関する施策を行っています。その一環として、平成26年度よりがん患者の治療と仕事の両立に関して優良な取り組みを行う企業への表彰を実施しています。

■がん罹患従業員の仕事の両立に関する大京グループの主な取り組み
(1)がん治療支援のための休暇制度を整備するほか、制度を柔軟に対応
年次有給休暇に加え、各種疾患の長期治療・療養等に利用可能な「積立保存休暇」の整備のほか、2015年4月より職場復帰後の悪性新生物(がん)の治療を支援する「治療休暇制度」を導入。

(2)人事部が直接従業員からの意見・要望を把握しやすい体制を構築
社内イントラネット上に自己申告システム整備し、疾病等の状況や会社に配慮してほしい要望等を人事に直接申告する仕組みを設け、従業員が抱える事情等を把握しやすい環境を構築。

(3)人事部と産業医、各部所とが従業員に関する情報を共有
長期休職後、円滑に職場復職できるよう人事部や上長が事前に面談し、産業医へ必要な情報を伝える等の連携を強化しているほか、必要に応じて主治医との面会も実施。

(4)勤務環境への配慮
 治療等で転勤が困難な場合は、勤務地を限定して働く職種への転換も可能。

(5)休暇中の経済的なサポート
 傷病手当金とは別に、従業員が疾病で就労不能となった場合に長期間(最大60歳迄)にわたり収入のサポート(月5万円)を受けられる団体保険に会社が加入。

昨今、従業員が心身ともに健康であり続けることが新しい経営課題として注目され始め、経済産業省と東京証券取引所が健康経営を積極的に取り組む企業を「健康経営銘柄」として発表するなど、企業の自社従業員への健康配慮の必要性が高まっています。大京グループでは近年「予防」をテーマにした全社的な健康プログラムを始動するなど従業員の健康に対する様々な取り組みを推進しており、今後も従業員が「健康で安全に」働けるよう、健康と仕事の両立に向けた働き甲斐のある職場環境を目指してまいります。

なお、2月26日(金)にイイノホール(千代田区内幸町2-1-1)にて開催される、東京都主催のシンポジウム内で表彰式が行われる予定です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事