logo

学校法人城西大学が3月11日に詩の朗読会「荒ぶるゆりかご -- 3.11の惨事への詩的な応答 --」を開催

城西大学 2016年02月25日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人城西大学(東京都千代田区、理事長:水田宗子)国際現代詩センターは東日本大震災から5年目の3月11日に、「荒ぶるゆりかご――3.11の惨事への詩的な応答――」を開催する。これは、東日本大震災の惨事を詠った詩人たちによる詩の朗読会。詩人の谷川俊太郎氏や白石かずこ氏ら10人の詩人が登壇する。入場無料、要事前申し込み。


 2011年3月11日午後2時46分に起こった東日本大震災。日本だけではなく、世界中の人びとをも震撼させた出来事から今年で5年を迎える。震災後、日本では核エネルギー施設の安全性や、惨事を引き起こす潜在的可能性に対する批評の言説空間が開かれた。

 このたびの朗読会は、私たちが経験した惨事についての反省と記憶の時間を、詩人たちと共有するのが狙い。惨事について書かれた詩の朗読、議論を通して、現在進行中の批評課題を発展継承し、来場者とともに、あの日の出来事を「記憶」していく。

 またこのイベントは詩集「These Things Here and Now: Poetic Responses to the March 11,2011 Disasters」の刊行記念も兼ねている。これは、今回登壇する詩人たちがそれぞれ発表した、3.11の惨事について詠った詩を英語に翻訳して一冊にまとめたもの。翻訳者で詩人のアングルス・ジェフリー氏もイベントに登壇する。3月上旬に学校法人城西大学出版会から刊行予定。
詳細は以下の通り。

◆荒ぶるゆりかご――3.11の惨事への詩的な応答――
【登壇する詩人】
 新井高子、アングルス・ジェフリー、大崎清夏、白石かずこ、高橋睦郎、田中庸介、谷川俊太郎、田原、平田俊子、水田宗子(敬称略、50音順) 
【日 時】3月11日(金)14:30~18:00 ※14時開場
【会 場】
 学校法人城西大学 東京紀尾井町キャンパス1号棟地下ホール(〒102-0094  東京都千代田区紀尾井町3-26)
【申し込み先】
 名前、電話番号を明記し以下にメールで申し込む。
 学校法人城西大学国際現代詩センター
 メール: josai50@jiu.ac.jp
【参加費】無料
【言 語】日本語
【詳 細】 リンク
 
●学校法人城西大学: リンク 
●学校法人城西大学出版会: リンク 

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人城西大学国際現代詩センター
 メール: josai50@jiu.ac.jp
 電話: 03-6238-1313


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。