logo

伊藤忠ケーブルシステムと英・Yospace、日本国内およびAPACにおけるライブ配信上のダイナミック広告挿入分野で協業

伊藤忠ケーブルシステム株式会社 2016年02月24日 10時00分
From ValuePress!

これまで困難だった、従来TV放送と同様のライブビデオ配信中の動画広告挿入が可能となります。さらに、広告会社様と連携して、視聴者ごとの嗜好性に合わせた広告コンテンツ差替えを実現します。

急速に拡大しているライブビデオ配信におけるダイナミック広告挿入(Dynamic Ad Insertion、以下「DAI」)需要に対応するため、伊藤忠ケーブルシステム株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:土屋 健二、以下「伊藤忠ケーブルシステム」)は、Yospace Technologies Ltd(イギリス・ステインズ、CEO:Tim Sewell、以下「Yospace」)とパートナー契約を締結いたしました。このDAIをエンド・トゥ・エンドで提供するプラットフォーム、「YOSPACE CLOUD STREAMING」の日本国内ならびにAPAC向け取り扱いを開始いたします。

今回の業務提携により、伊藤忠ケーブルシステムがシステム構築を行うビデオ配信ソリューションでは、配信中のライブ・VODコンテンツ(見逃し視聴)の、任意の地点でのミッドロール広告の挿入が可能になります。
この広告挿入は、すべてサーバー側においてフレーム精度の正確さで実行されるため、視聴者は本編と挿入された広告のつなぎ目を意識することなく、従来の放送番組同様の視聴体験を楽しむことができます。

視聴デバイスごとに年齢・地域などユーザー属性に応じた広告コンテンツの配信を実現する、パーソナライズド広告挿入機能は、すべての視聴者にとって自身に関係した、魅力的な広告視聴の実現を意味します。
配信規模拡大へ柔軟に対応するクラウド提供のサービスは、その信頼性が維持され、視聴者・配信事業者・広告主それぞれのニーズと満足度を満たすことができます。

本サービスの利用する顧客事業者の検証結果からは、ライブ配信の中でも最もサービス要件が厳格であるメジャースポーツイベントにおいて、広告挿入時に視聴から離脱しないビュースルー率が98%に及んだという報告があります。
この高い視聴継続傾向により、デジタル広告収入が4倍まで引き上げられるに至りました。

エンコーダやトランスコーダをはじめとしたビデオ配信システムで、国内ライブ配信200チャンネル以上の構築実績を持つ伊藤忠ケーブルシステムは、このYospaceが提供するサービスの強力な商用実績を背景に、放送局、コンテンツサービス提供者および多チャンネル配信事業者様へ、大きな収益源を提供する準備が整いました。

伊藤忠ケーブルシステム 代表取締役社長:土屋 健二
「Yospaceはライブ配信・VoD配信へのフレーム精度のDAIにおいて業界をリードしています。この業務提携は弊社のお客様にとって大きな朗報となると期待しています。日本国内No.1の導入実績を持つOTTシステムインテグレーターとして、伊藤忠ケーブルシステムが配信事業者様へ収益を最大化する技術を提供することは非常に重要と考えます。Yospace社とのパートナーシップによりそれを実現できると確信しています。」

Yospace Technologies Ltd. CEO:Tim Sewel
「オンライン放送システムインテグレーターとして市場を牽引している伊藤忠ケーブルシステムは、Yospaceにとって素晴らしくフィットしたパートナーです。私たちの先進的なサービスが、日本国内はもとより、APACへ拡大されていくことを喜んでいます。米国、中南米、ヨーロッパ、オーストラリアでの大規模な導入実績により、YospaceはDAI技術提供の最大手の一社となりました。伊藤忠ケーブルシステムとの業務提携により、この地位はさらに強化されます。」


◆協業の背景
一般消費者におけるセカンドスクリーンの普及、ライブ配信システムの発達、ならびにネットワーク環境の整備などを背景とし、昨今国内でもライブ配信を実施する事業者様が著しく増加しております。これにともない、定刻またはアンタイムで動画広告を挿入する需要が高まる一方で、放送グレードのフレーム精度によるサーバーサイド広告挿入技術は、商用利用の水準に未だ達しておりませんでした。
業界の更なる発展の為に重要な収益化を大きく促進するためには、リニア・ライブ配信へのプリ/ミッドロール広告挿入が欠かせないファンクションとなることを見据え、取組で先行していたソリューション提供事業者数社を慎重に調査した結果、商用実績の豊富さと柔軟性の観点から、Yospace社が日本市場に最も合致した事業者であると判断いたしました。
一方でYospace社においては、地域的要因によるサポート体制の障壁があり、リーチできていなかったAPAC市場において、映像・ネットワーク両分野において豊富なサポート実績を有する伊藤忠ケーブルシステムとの協業は補完性が高く、マーケット拡大に有意であると判断したことが、この度のパートナー契約に至った背景となっています。

以上


◆会社概要
【伊藤忠ケーブルシステム株式会社】
1986年に伊藤忠商事株式会社のケーブルテレビ関連の子会社として設立。国内外の有力機器メーカーを扱い、主に映像・通信の分野において高度なノウハウと豊富な実績を持つマルチベンダーSIerとして、設計・施工管理、24/365のアフターサービス迄を一貫して行う。現在ではケーブルテレビ業界のみならず、CS/BS放送局、地上波局、その他映像配信プロバイダや通信会社向けにビジネスを拡大している。
HP URL: リンク
※OTT特設サイト URL: リンク

【Yospace Technologies Inc.】
Yospaceはライブ配信・オンデマンド配信の管理・運用のための最先端かつ革新的技術を提供する。ダイナミック広告挿入分野においてはサーバーサイドのフレーム精度広告挿入/差替を実現する技術により、配信システムと広告プラットフォームの連携を実現させている。また個々のユーザーセッションを管理することにより、個々の視聴者の傾向に合わせた広告を挿入することも可能。
HP URL: リンク

※導入実績の一例
アメリカ   :DirecTV
イギリス   :Sky Media、Channel 4、STV
フランス   :BFMTV
チリ     :Canal 13
スウェーデン :TV 4
オーストラリア:Channel 9、Network Ten
アイルランド :TV 3、UTV、TG 4


【本件に関するお問い合わせ先】
伊藤忠ケーブルシステム株式会社 経営企画部
TEL:03-6277-1830
Email: info@itochu-cable.co.jp

Yospace Technologies Ltd.
Paul Davies
電話番号:+44-1784-466-388
Mail:pauld@yospace.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。