logo

関西福祉大学が3月19日に養護教諭の語りをつなぐ「養護塾」を開催

関西福祉大学 2016年02月24日 08時05分
From Digital PR Platform


関西福祉大学(兵庫県赤穂市)は3月19日(土)に「養護塾」を開催する。これは、養護教諭が集い、経験や熱き思いを心のうちにとどめず語り合い、これからにつなぐ場として実施するもの。講師に女子栄養大学名誉教授の三木とみ子氏らを招き、それぞれの立場から養護教諭の魅力を語る。参加費1,000円(ただし高校生、大学生は無料)。参加申込締め切り3月17日。


 「養護塾」は、学校保健のキーパーソンとなっている現職の養護教諭の先生、養護教諭養成大学の教員、養護教諭をめざしている大学生、養護教諭になるために進学を考えている高校生など、それぞれが世代を超えて語り合い、癒され、夢を実現する事を支え合う場。

 講師に、女子栄養大学名誉教授で、日本健康相談活動学会理事長および元文部省教科調査官などを務めている三木とみ子氏、終戦後に養護教諭に就いた橋本照子氏を招き、養護教諭の魅力を語っていただく。また、各地で働く新人養護教諭も語りを行う。
 実施概要は以下の通り。

◆養護塾
【日 時】 3月19日(土)13:00~15:30
【場 所】 関西福祉大学 2号館 A100大講義室
【対 象】 養護教諭、養護教諭養成大学教員、大学生、高校生、一般等
【参加費】 1,000円 ただし高校生、大学生は無料
【参加申し込み】
 FAXまたはWEBにて受付 ※参加申込締め切りは3月17日(木)必着
 申込詳細: リンク
【お問い合わせ】 関西福祉大学 養護教諭養成担当 吉田 民枝

【プログラム】
 座長 関西福祉大学看護学部教授 津島 ひろ江
13:00~13:10 開催にあたって 関西福祉大学学長 加藤 明
13:10~13:20
 新人養護教諭の語り
 私たちは、学生時代の卒業研究で養護婦や養護訓導の経験者からの語りを聞き取りました。その熱き思いが心に強く残り、今は岡山・広島・島根で新人養護教諭として働いています。
13:20~14:00 
 講演I「終戦後に、養護教諭を選んだ私」
 講師 橋本 照子氏(福山市86歳)
 戦後の子ども達の環境や健康実態を踏まえて、養護教諭の職務の魅力を、心のうちにとどめないで語ってほしいと思いお招きしました。
14:00~15:30
 講演II「養護教諭に魅せられた48年を振り返る」~養護の原点を探り これからにつなぐ~
 講師 女子栄養大学名誉教授 三木 とみ子氏
 現職養護教諭、文部省、養護教諭養成、学会運営の4つのステージからの養護教諭の魅力と、これからの時代に求められる養護教諭養成の課題を語っていただきます。

▼本件に関する問い合わせ先
 関西福祉大学
 Email: kusw-info@kusw.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。