logo

新産業創造に向けて、ベンチャー共創事業を本格始動 ~総額50 億円の「31VENTURES Global Innovation Fund 1 号」を設立~


三井不動産株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、本業強化・事業領域拡大に向け新産業を創造するため、より本格的にベンチャー企業との共創事業に取り組んでまいります。今般、新たに総額50億円のコーポレートベンチャーキャピタルファンド(※CVCファンド)「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」を独立系ベンチャーキャピタル最大手のグローバル・ブレイン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 百合本安彦)と共同で設立いたしました。また、これまでのベンチャー企業向けオフィスの運営やビジネス支援を統合・強化し、「資金」・「コミュニティ」・「支援」の3つの柱でベンチャー企業との共創を目指します。

世界中でビジネスと暮らしのソリューションを提供する三井不動産グループの広大な商圏と多岐にわたる事業領域を生かし、ベンチャー企業、三井不動産の顧客やパートナーである大企業、そして三井不動産の3 者の化学反応によるイノベーションによって、未来の新産業の創造を実現してまいります。

※CVCファンド:事業会社が自己資金によってベンチャー企業に対して投資活動を行う機能を有するファンド

【ベンチャー共創事業 3つの柱】
<資金>ベンチャー企業の成長に不可欠な、資金面におけるスピーディなサポートを実現
<コミュニティ>ベンチャー企業を中心に大企業、生活者等、多様な人々が集まる創造的なコミュニティを形成
<支援>三井不動産のアセット・リソースと、社外の専門組織による実効性の高いビジネスサポートをハンズオンで提供


<資金>スピーディーな投資・事業連携
(1)三井不動産として初のコーポレートベンチャーキャピタルファンドを設立
(2)外部ベンチャーキャピタル「500 Startups」および「Draper Nexus Ventures」への出資
(3)直接投資

<コミュニティ>施設を超えた交流からコラボレーションが生まれるコミュニティの形成
(1) 「31VENTURESクラブ」設立
(2) コラボレーションや交流を生み出す空間「31VENTURESオフィス」

<支援>幅広い領域にわたるハンズオン支援
(1) 三井不動産の幅広い事業領域やリソースと多彩な専門家でベンチャー企業の経営をサポート
(2) グローバルで戦えるベンチャーを育成するための海外育成プログラムとの連携

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事