logo

AptuitとIcagenが戦略的提携関係結ぶ

Aptuit LLC 2016年02月23日 10時12分
From 共同通信PRワイヤー

AptuitとIcagenが戦略的提携関係結ぶ

AsiaNet 63491 (0221)

【グリニッチ(米コネティカット州)2016年2月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*医薬品発見顧客に業界をリードするイオンチャンネル、トランスポーター技術へのアクセスを提供する提携

Aptuit LLCとIcagen, Inc. は23日、医薬品発見顧客にイオンチャンネル、トランスポーター技術へのアクセスと専門家サービスを提供する戦略的提携関係を結んだと発表した。

(Logo: リンク

一流の世界的な医薬品発見、開発CRO(受託医薬品開発機関)であるAptuit LLCと、科学的専門知識とイオンチャンネル、トランスポーター・アッセイ用技術への包括的アクセスを持つCROのIcagen, Inc. は遺伝子から高品質の候補までとそれを超えたイオンチャンネル、トランスポーター領域の包括的な統合サービスを提供する。この提携によって両社は、科学的優秀性と革新の共通カルチャーにサポートされ、特定標的クラス向けのクラス最高の全面統合医薬品発見、開発ソリューションを共同提供できると期待されている。

この戦略的提携によってAptuitの顧客は、ユニークなイオンチャンネル細胞ラインの広範なコレクションと同社独自のXRpro(R)X線蛍光技術プラットフォームを含むIcagenのアッセイツールのポートフォリオとイオンチャンネル、トランスポーター研究技術へのアクセスを提供されることになる。Icagenの顧客は、医薬品化学、生体外DMPK、発見薬理学、コンピューター化学、クラス最高の分析発見サポートを含むAptuitの広域的な統合医薬品発見ソリューションから恩恵を受けるとみられている。

Icagen, Inc.のリッチー・カニンガム社長兼最高経営責任者(CEO)は「この提携によってわが社はAptuitの統合医薬品発見、開発能力へのアクセスを顧客に提供できる。Icagenの究極の目標はイオンチャンネル、トランスポーター医薬品候補をクライアントが販売できるようにするまでの時間とコストを減らすことである。世界をリードするAptuitの統合医薬品発見に関する専門知識は前臨床開発を通じてクライアントの医薬品候補を効率的に前進させるIcagenの能力を高める信じている」と語った。

Aptuitのジョナサン・ゴールドマンCEOは「顧客は医薬品化学領域と統合発見に関するわが社のユニークな能力に注目している。Icagenとの今回の提携を喜んでおり、イオンチャンネルとトランスポーター技術に関する同社の専門知識は、双方の顧客のIND申請が成功するチャンス拡大を助ける立場に両社を押し上げる可能性がある」と述べている。

ゴールドマンCEOはまた「幅広い非臨床能力と結合したAptuitの統合医薬品発見ソリューションは市場でユニークである。営業リスクを最小化しながら非常に質の高い医薬品を顧客が発見、開発、製造するのを助けることにわれわれは集中している」と付け加えた。

▽Aptuit LLCについて
Aptuit LLCは薬物設計・創薬、API(医薬品原薬)の開発・製造、固定化学、CMC、前臨床コース、GLP/GMPプログラムの認可を受けるINDを含む製薬業界に、総合的な早期創薬から中間段階の医薬品開発までの最も一貫したサービスを提供している。完全統合された医薬品創薬・開発サービスは、イタリアのベローナにあるAptuit Center for Drug Discovery & Developmentの1カ所で利用できる。同社は米国、英国、イタリアに施設を持ち、世界中にリソースを維持している。Aptuit LLCは、世界的なプライベートエクイティ投資家のWelsh, Carson, Anderson & Stoweと提携している。

Aptuitに関する詳細はリンク を参照。

▽Icagen, Inc.について
Icagenは医薬品会社、バイオテクノロジー会社と提携して業界をリードする科学的専門知識、イオンチャンネルとトランスポーター医薬品発見、開発技術への包括的なアクセスを提供している。イオンチャンネル分野で20年余り主導権を握るIcagenチームは、医薬品発見から多くの治療分野とイオンチャンネルのクラスにわたる臨床開発までの分子進展で広範な成功の実績を示している。Icagenの成長しているツールボックスはイオンチャンネルとトランスポーター研究の広範囲の細胞ラインと技術で構成されており、その頂点がラベルフリーのXRproプラットフォームである。X線蛍光に基づくXRpro技術は、治療上の関心が高い難しいシステムを含め、イオンチャンネル、トランスポーターの高処理量評価を可能にする新たな方法である。

Icagenに関する詳細はリンク を参照。

ソース:Aptuit LLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事