logo

11月12日掲載の意見広告について、お寄せいただいたお客さまのご意見に関する特設ホームページを2月19日に更新しました

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:長尾 裕、以下ヤマト運輸)は、昨年11月12日に全国54紙に掲載した意見広告ついて、お寄せいただいたお客さまのご意見に関する特設ホームページ(以下、本サイト)を12月19日に開設し、特に多くのご質問や批判的なご意見をいただいた4つの項目について、本サイトでご説明させていただきました。
その後も多くのお客さまからご意見をお寄せいただき、2月15日現在3,060件のご意見をいただきました。本日2月19日、新たに4つの項目を追加し、本サイトを更新しましたのでお知らせいたします。また、「賛同の意見も紹介してほしい」との声を多数いただいたため、新たに項目を追加しその一部をご紹介しております。




1.特設ホームページの内容
2月19日に更新した本サイト リンク
(1)「郵便業務」のユニバーサルサービスについてのご意見
    1. 優遇をなくしたら、全国均一料金で届く郵便のユニバーサルサービスは維持できないのではないか?
    2. 日本郵便への優遇は当然ではないか?
     そもそもヤマト運輸も優遇措置を受けているのではないか?
    3. 郵便は全国一律料金、宅急便は離島料金を取っているのでは?
     また、過疎地の配達は日本郵便に委託しているのが現状ではないか?

(2)「信書」についてのご意見
   1. 意見する前に、ヤマト運輸も一般信書便事業へ参入すべきだ。
   2. 信書の制度はわかりにくい。

(3)「意見広告」についてのご意見
    1. 意見広告は日本郵便への批判か?
   2. 意見広告で解決することではない。それよりサービス向上に励むべきだ。

(4)「クロネコメール便」についてのご意見
1. クロネコメール便は採算があわないのでやめたのでは?
2. クロネコメール便の復活を期待する。

(5)諸外国の「郵便業務」のユニバーサルサービスについてのご意見
1. 諸外国の郵便業務に対する優遇はどうなっているのでしょうか?

(6)信書のあいまいさについてのご意見
   1. 何が信書かわかりにくい。
   2. 荷物と一緒に「手紙」や「請求書」などは同梱できないのか?
   3. 「ゆうメール」なら信書を送れるのか?

(7)国際スピード郵便(EMS)についてのご意見
1. 国際スピード郵便(EMS)と民間の輸送サービスの違いについて

(8)その他のご意見
  1. 共同配送について
  2. 郵便番号は日本郵便のものではないのか?
  3. 日本郵便の値上げについて

(9)賛同いただいたご意見やご提案
1. ご意見のご紹介

2.お寄せいただいたご意見について
前回の掲載以降、新たにご意見をお寄せいただいたお客さまの年代、性別、ご意見の傾向をご紹介いたします。(集計方法:当社にて確認・集計)

【ご意見をいただいた方の内訳】
(1)集計期間:2015年11月12日~2015年12月15日
   ご意見数:2,137件
[画像1: リンク ]


(2)集計期間2015件12月16日~2016年1月31日
   ご意見数:813件

[画像2: リンク ]

今後も、お客さまのご意見を募集し、皆さまのご意見に耳を傾けながら、引き続き「公平・公正な競争条件」の実現に向けて取り組んでまいります。

【参考】11月12日掲載の「意見広告」についての特設ホームページ
リンク



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事