お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

大阪産業大学デザイン工学部が入学前教育の課題解決にMOOCを活用 -- 大学初、学内利用の新たな試み

大阪産業大学
2016/02/19 08:05


大阪産業大学デザイン工学部では大学初の試みとして、入学予定者を対象とした入学前教育に、大規模公開オンライン講座(MOOC※)「gacco(R)」(ガッコ)を活用して実施。入学予定の生徒に対し、オンライン講座「はじめて情報システムを学ぶ学生・生徒のために」を開講し、大学での学びの動機づけを行う。


 「gacco(R)」(ガッコ)は、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)公認の日本初の大規模公開オンライン講座。大阪産業大学デザイン工学部はこれを利用し、推薦入試で入学する予定の生徒が受講する講座「はじめて情報システムを学ぶ学生・生徒のために」を開講する(一般入試で入学が決定した生徒は、本講義に関する内容を、入学直後のガイダンスで集中的に受講する)。

 講義では、大学での4年間の学びの動機づけを行うことを目的に、情報システムの基礎知識、どのような専門分野があるのか、専門分野を活かしてどのような職業に就くことができるのかを学ぶ。また、「大学で学ぶために」という補助講座も用意されており、大学と高校との違いや大学で学ぶ意義が学習できるようになっている。補助講座はすべての大学に共通する内容を扱っており、大学進学を考えている学生や、親族が進学予定である方にも適している。

 入学前教育では、大学入学後の基礎科目の学習に必要な基礎知識を事前に習得しておくことが重要であり、国内の各大学では、学生のリメディアル教育用にさまざまな教材を開発している。同大では、当初より必要な教材をMOOCとして開発することで、入学者に対する事前教育の効率化を図るとともに、講義内容の対外的な告知活動にもつなげていく。

 なお、大学におけるMOOCの活用事例に関しては、以下の類型がある。
1. MOOCを一般公開する。
2. MOOCを対面授業と組み合わせる。
3. MOOCを入学前教育やAO入試等に活用する。
 今回は上記3の事例となり、大学におけるより実践的なMOOCの活用や、大学システムとの接続という観点でも大きな意義がある試みとなっている。

◆講座概要
【募集開始、開講日】 2月16日開講
【講座名】 大阪産業大学「はじめて情報システムを学ぶ学生・生徒のために」
【担当講師】
 大阪産業大学デザイン工学部
 高根 慎也 教授、後藤 彰彦 教授、平松 綾子 教授、高橋 徹 准教授、高井 由佳 専任講師、山田 耕嗣 契約助手
【各週のテーマ】
 第1週: 情報システムの読み書きそろばん
 第2週: こんなところに情報システム!
 第3週: 情報システムの専門
 第4週: 情報システムの仕事

●gacco
 リンク
*「gacco」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

※MOOC:Massive Open Online Coursesの略。Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス。2012年より米国を中心として、主要大学および有名教授によるオープンオンライン講座として公開され、世界中で3,500万人以上が受講している。

▼本件に関する問い合わせ先
 大阪産業大学 担当 高井
 TEL: 072-875-3001

 株式会社ドコモgacco 担当 大谷、竹内
 TEL: 03-3456-8111

 一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会 担当:竹岡、永井
 TEL: 03-3295-3555

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。