logo

医療現場での患者のリアルな気持ち -自分の意見を尊重して欲しいと考える患者たち-

(株)R&D 2016年02月18日 16時00分
From PR TIMES

~ 生活者総合ライフスタイル調査システム『CORE』より ~

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:五十嵐幹)は、2015年10月に18~79歳の全国の一般生活者を対象に「生活者総合ライフスタイル調査システム『CORE』」を実施いたしました。
今回は、グループ企業の中で医療系に特化したリサーチを行っている株式会社メディリード(所在地:同上、代表取締役:亀井晋)と共同で、調査結果の中から「医療に関する意識・行動」についての分析を行いました。



“医療に関して、自分の意思や希望を尊重して欲しい!”
■患者主体の医療を求める意識は強い。


「いかなる病気であろうと自分の病名を知らせて欲しい」「カルテ情報はすみやかに開示されるべきである」「医師や病院は患者や家族の意思や希望を尊重すべきだ」といった項目について、9割以上の人が「そう思う」と回答している。
COREで調査している食や住まい等の他の生活領域に関する意識態度項目への反応と比べると、この医療に関する項目への反応値は総じて強い。このことからも医療に関する関心の高さをうかがわせる。



[画像1: リンク ]



“医療に関する選択は、女性の方が《自分で選択したい》という意思が強い”
■男性よりも女性の方が様々な選択肢を検討し、自分の意思で医療の選択を行いたいと考えている。


女性の方が、「使用する薬や治療法は自分で選択したい」「入院するか自宅で治療するかは、本人の意思できめるべきだ」と回答した割合が男性を上回る。
男性よりも女性は「東洋医学や民間療法などもとりいれていきたい」割合が11ポイント高く、「1人の医師だけでなく複数の医師からの診断」を求める傾向もみられる。



[画像2: リンク ]


R&D生活者インサイト
◇ “医師の意見に従う”ではなく“自分達の意思や希望を尊重して欲しい”と考えるように
一昔前はお医者さんが決めたことに、患者が従うことが当然だと考えている人が多かったのではないでしょうか。現在は医療においても、自分達の意思や希望を尊重して欲しいと考えているようです。今後は患者さんが望む通り「病名の告知」や「カルテ情報の公開」がより進んでいくでしょう。また医療関係者は「病院・クリニック・薬局における情報共有」を進めて、「患者さんの価値観やライフスタイルを取り入れた」医療を提供する必要性が高まるのではないでしょうか。



今回ご紹介した調査結果の詳細をまとめた<無料ダウンロードレポート>を配布しています。
無料ダウンロードレポートをご希望の方は、弊社ホームページ「研究レポートページ」リンクよりダウンロードください。


■生活者総合ライフスタイル調査システム『CORE』■
●調査エリア 首都圏40km圏
●調査手法 訪問留置調査(一部郵送調査併用)
●調査対象 18~79歳男女個人
●サンプル設計 3,000サンプル(回収ベース)
●調査時期 2015年 10月実施
※『CORE』は、株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントの登録商標です。

■会社概要■
会社名: 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント
所在地: 〒163-1424 東京都新宿区西新宿3-20-2
代表者: 代表取締役社長 五十嵐 幹
資本金: 30,000千円
URL: リンク
事業内容:マーケティング・リサーチの企画設計、実施及びコンサルテーション
経営・マーケティング活動の評価及びコンサルテーション

■会社概要■
会社名: 株式会社メディリード
所在地: 〒163-1424 東京都新宿区西新宿3-20-2
代表者: 代表取締役 亀井 晋
資本金: 10,000千円
 設立: 1968年1月17日
URL: リンク
事業内容:医療関連領域の調査業務

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「(株)リサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調査によると・・・」

■本資料に関するお問い合わせ先■
株式会社メディリード マーケティングリサーチ部(高梨)
TEL:03-6859-2281   e-mail:radnews@rad.co.jp

■調査内容に関するお問い合わせ先■
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント カスタマーサービス部(坂根)
TEL:03-6859-2281   e-mail:radnews@rad.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。