logo

お客様1人1人の声を聴き、お客様に愛される店舗づくりを!お客様と店舗がつながるマクドナルド「KODO」(鼓動)お客様からの投稿、200万件を達成

日本マクドナルド株式会社 2016年02月18日 16時11分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、2015年4月に導入した、お客様が店舗へ直接的にご意見いただくことができるスマートフォンのアプリケーション「KODO」(読み方:コド)にて、お客さまからの投稿の累計が、2016年2月13日(土)に、200万件を超えたのでご報告いたします。

2015年4月21日(火)に導入した「KODO」は、「お客様基準」で店舗を評価していただくもので、スマートフォンアプリから、お客様がご利用いただいた店舗の感想を、その場ですぐ店舗に送ることが出来ます。QSC(品質、サービス、清潔さ)などの観点で、お客様が期待されるレベルと、実際に店舗を利用されたときの評価レベルをご記入していただき、その期待値との差を測ることができ、さらに、自由記入でコメントを書くこともできるものです。

マクドナルドにとって、お客さまからのご感想は大変貴重であり、より良い店舗体験をご提供するために、重要なヒントを与えてくれます。累計200万に達した「KODO」のお客さまからのお声は、各店舗ごとに、そのリアルなお声を受け止めてサービス向上に活用しております。また、店舗だけでなく、お客様からのお声を本社で統計・分析することで、マクドナルド全体としてのサービス提供の状況、お客様のご満足レベルを把握することにも役立てています。各店舗では様々な改善事例が生まれております。

マクドナルドでは、2016年もお客様と心でつながる「モダンバーガーレストラン」をビジョンに、お客様からのご意見に耳を傾けながら、店舗QSC(品質、サービス、清潔さ)の向上やお客様のより良い店舗体験の実現に取り組みながら、美味しいお食事をご提供してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事