logo

新開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載 高倍率ズームレンズ“EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM”を発売



キヤノンは、APS-Cサイズのセンサーに適した光学系を備えた「EF-Sレンズ」シリーズの新製品で、新開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載した高倍率ズームレンズ“EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM”を2016年3月25日より発売します。

[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]




“EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM”は、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」(2012年6月発売)の後継機種で、新開発の超音波モーターである「ナノUSM(Ultrasonic Motor=超音波モーター)」を搭載しています。これにより、従来機種よりフォーカスレンズの駆動速度が最大で約4.3倍(※1)となり、AF速度の向上を実現しています。

■ 新開発「ナノUSM」によりフォーカスレンズの駆動速度が最大で約4.3倍に向上
1987年に世界で初めてキヤノンが実用化に成功した交換式レンズ用の超音波モーター「USM(Ultrasonic Motor)」に、新たに「ナノUSM」を追加しました。これにより、静止画撮影時におけるフォーカスレンズの駆動速度の大幅な向上と、従来機種同等の動画撮影時における非常に静かでスムーズなAFを実現しています。また、定評ある従来機種の光学系を継承し、非球面レンズやUD(※2)レンズといった特殊光学系を採用することにより、さまざまな収差を良好に補正し、高画質を実現しています。

■ 電動のパワーズームアダプター“PZ-E1”(別売)により撮影表現が拡大
“EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM”に別売りのパワーズームアダプター“PZ-E1(※3)”を装着することにより、電動による滑らかなズーミングが可能となり、撮影表現の幅を拡大します。加えて、キヤノン専用のソフトウエア「EOS Utility」および「Camera Connect」を利用したリモート撮影においても、パワーズームが可能(※4)です。

※1 ファインダーAF・静止画撮影時・焦点距離135mm・最短撮影距離から無限遠までの駆動時。(キヤノン基準)
※2 Ultra Low Dispersion=特殊低分散ガラス。
※3 着脱機構を備えたレンズのみに対応。(2016年2月18日時点では、新製品“EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM”のみ対応)
※4 ソフトウエアが、新製品のデジタル一眼レフカメラ“EOS 80D”(2016年2月18日発表)に対応していることが条件です。「EOS Utility」は、カメラの設定や画像転送、リモート撮影のためのPC用のソフトウエアです。「Camera Connect」はカメラの画像をスマートフォンやタブレット端末への取り込み・保存を可能とするソフトウエアです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。