logo

『きのこいぬ』連載再開!表紙&巻頭カラーで復活!!「COMICリュウ」4月号、2月19日発売!

蒼星きまま・著の人気コミック『きのこいぬ』が2年5ヶ月ぶりに連載を再開。再開に合わせて公式サイトもリニューアル!

株式会社徳間書店(東京・港区、代表取締役社長:平野 健一)は、雑誌月刊「COMICリュウ」4月号を2016年2月19日(金)に発売いたします。
2年5ヶ月ぶりの連載再開となる『きのこいぬ』のほか、新連載『アメとハレの風の旅』、第17回文化庁メディア芸術祭【マンガ部門新人賞】受賞作品『アリスと蔵六』などを掲載しており、読み応えのある1冊となっています。
また、別冊付録として、各担当が自信をもってオススメする力作5本が競い合う、投票型新人発掘企画「登龍門6」も付属します。



[画像1: リンク ]



●表紙&巻頭カラーで連載再開●
愛犬・はなこを亡くして傷心のほたる。
庭に生えたピンクのきのこを見ていたら、もぞもぞと現れたのが「きのこいぬ」!
この不思議な生き物が、きっとあなたを癒してくれます♪
『きのこいぬ』蒼星きまま
リンク
リンク
[画像2: リンク ]



●センターカラーで新連載●
世界を旅する少年・ハレが訪れたのは、雨が止まない町。
雨町には高い塔が立ち、中には黒髪の女の子が住んでいた…。
「強い力を持つことで他人や自分を傷つけてしまう」
そんな悲しみを背負ったふたりの旅路を優しく描く正統派ファンタジー。
『アメとハレの風の旅』新堂みやび

[画像3: リンク ]



●センターカラー●
動き出した最大の敵【赤の王】
紗名の運命は…
そして人類の運命はーー!?
第17回文化庁メディア芸術祭【マンガ部門新人賞】受賞作品
『アリスと蔵六』今井哲也
リンク
[画像4: リンク ]



●連載第2回●
「不良」のてっぺんに立つためにヤツらの胃袋を掴む!
俺がママになるんだよ!!
『頂き! 成り上がり飯』奥嶋ひろまさ

[画像5: リンク ]



●別冊付録●
各担当が自信をもってオススメする力作5本が競い合う、投票型新人発掘企画!!
なんと発表まで編集長はノーチェック!
多方面メディア業界の方々と書店員様、そして読者の皆様から投票を募り、獲得点数1位に輝いた作品は本誌で連載権を獲得!
作品の閲覧と投票は公式HPからも出来ます♪
「登龍門6」

[画像6: リンク ]



●好調連載陣●
『ライアーバード』脇田茜
『虫籠のカガステル』橋本花鳥
『アルボスアニマ』橋本花鳥
『推しが武道館いってくれたら死ぬ』平尾アウリ
『ソワレ学級』靴下ぬぎ子
『シュガーウォール』ninikumi
『モンスター娘のいる日常』オカヤド
『ヒトミ先生の保健室』鮭夫
『ねこむすめ道草日記』いけ
『セントールの悩み』村山慶
『とりきっさ!』ノブヨシ侍
『クミカのミカク』小野中彰大
『第七女子会彷徨』つばな
『おとなりボイスチャット』こじまなおなり
『あせびと空世界の冒険者』梅木泰祐
『放課後! ダンジョン高校』山西正則
『異骸-THE PLAY DEAD/ALIVE-』佐伊村司
『やさしく! ぐーるぐる真紀』星里もちる
『瀧鷹之介の散歩時間』アサミ・マート
『さすらいエマノン’88』梶尾真治×鶴田謙二
『冥王計画ゼオライマーΩ』ちみもりを×ワタリユウ
『KEYMAN』わらいなく
『hなhとA子の呪い』中野でいち

●特別読切●
『中村さん』筒井秀行

●WEB連載●
毎週木曜日更新
『フランスはとにっき』藤田里奈
1年間のフランス生活が決まったとたんにCOMICリュウでの新連載も決定!
もうすぐ三十路・独身・無職→漫画家デビュー
彼女の人生どうなっちゃうの!?
リンク


■月刊「COMICリュウ」2016年4月号
発売日:2016年2月19日(毎月19日発売)
特別定価:700円(本体648円)
リンク
リンク

【本書の購入はこちら】
Amazon:リンク
楽天ブックス:リンク
ほか、全国の書店にて発売予定

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。