logo

エシカルショッピングサイト「Abby Life エスプレッソのある生活」サイトリニューアルオープン

株式会社Abby 2016年02月17日 12時00分
From PR TIMES

ネット通販利用と学校給食寄付を連動 リンク

株式会社Abby(アビー、本社:千葉県市川市、代表:山本信博)はエシカルショッピングサイト「Abby Life エスプレッソのある生活」を2月17日(水)にリニューアルオープンしました。

Abby Life は、フェアトレード、エコ、オーガニック商品をメインとしたエシカル商品を取り扱い、ユーザーの商品購入と学校給食寄付を連動したエシカルショッピングサイトです。(エシカル=倫理的、道徳的)




エスプレッソのある生活

エスプレッソの語源は「特別に、あなただけに」との説があります。日常の一杯のCoffeeとはちょっと違った濃厚な、味わい、薫りが醸しだされる生活良品をユーザーに提供することを目的に、ライフスタイル全般を網羅するカテゴリー展開から101ブランドの生活良品を取り扱い中。特に、フェアトレード、エコ、オーガニック商品、障がい者施設が生みだす商品、地方創生関連商品に今後も注力していきます。

商品購入と学校給食寄付が連動
SHOPPING for THREE(ショッピング フォー スリー)プログラム

"世界のこどもたちに、笑顔と希望を" をテーマとしたショッピングプログラムです。Abby Life でお買い物いただくと、国連WFP(World Food Programme、URL:リンク )を通じて、飢餓に苦しむ世界のこどもたちへ「3名分」の学校給食が贈られます。これまでに6,747人のこどもたちに給食をお届けしました(2015/12/31現在)。また、今後賛同いただく企業、ブランド、ECプラットフォームとの提携を推進していきます。THREE の「3」は、「3 名のこどもたちに学校給食を」という願いと「消費者、ブランド、こどもたち」のつながりを表しています。

[画像1: リンク ]


今回のサイトリニューアルでは、一般社団法人エシカル協会代表 末吉里花さんのロングインタビュー企画「エシカルなショッピング」を公開し、障がい者施設との協働/森の環境保全/各国のフェアトレード商品/地方創生商品/エコ オーガニック商品/伝統工芸の継承/資源の再利用などの事例を紹介しています。

Abby Life は、今後もエシカルなブランドとの協業を進めるとともに、SHOPPING for THREE プログラムの展開を拡大していきます。

■ サイト名:Abby Life エスプレッソのある生活

■ URL:リンク

■取り扱いブランド(全101ブランド、2月17日現在)
倉敷意匠、タビノキセキ、リサ・ラーソン、クリスマス島の塩、ハニーマークス、made of Organics、yaetoco、pokke104、Slow Coffee、たいせつプロダクト、堀内果実園、熊と森の水、wakami、Feliz、LODGE、フレディレック、おいせさん、一翠窯、大谷製陶所、フプの森、楽膳 他

[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。