logo

コンカー、「Concur Japan Partner Award」を創設 ~日本企業の間接費改革に顕著な貢献をした受賞パートナー4社を発表~

2016年2月17日(東京発) - 出張・経費管理クラウドのリーダー、株式会社コンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三村真宗、以下「コンカー」)は間接費改革においてお客様に高い価値を提供するとともに、コンカービジネスに顕著な貢献をしたパートナー企業を表彰する「Concur Japan Partner Award」を創設します。
2月16日に開催された「Concur Japan Partner Summit 2016」にて、第1回となる受賞パートナー4社を発表しました。「Concur Japan Partner Award」はConcurのパートナー企業を対象とした表彰制度で、Concur Travel & Expenseを軸にお客様企業の高度な間接費管理の実現に多大な貢献をされた企業に授与されます。

コンカーは2011年に米国 Concur Technologiesの日本法人として設立以来、Concurグループ企業で世界最速の成長ペースでパートナー各社とビジネスを拡大し、2013年度の国内経費精算市場でトップシェアを獲得しました(注1)。日本のお客様の多様なご要望に対応できる高い知見や技術力を備えるパートナー各社との協業を進め、引き続き日本企業の競争優位性の確保に貢献していきます。

各賞の受賞パートナー企業は以下の通りです(敬称略)。
最優秀パートナーアワード:株式会社クレディセゾン
2013年以来、一貫して全社を挙げてコーポレートカードと「Concur Travel & Expense」の事業を推進。Concur採用企業のコーポレートカード利用率の大幅な向上でお客様企業のキャッシュレス化を促進し、間接費削減に顕著に貢献。また、3期連続で売上にもっとも貢献いただいたことを評価。

受賞コメント:株式会社クレディセゾン 代表取締役社長 林野宏 氏
「このたびは、最優秀パートナーアワードに選出いただき、誠にありがとうございます。弊社の提供する社用経費決済専用コーポレートカードとコンカー社のソリューションと連携することで、私たちの目指すキャッシュレス化社会、経費管理の合理化推進を実現し、これまで多くのお客様のお役に立てるよう全社をあげて推進してまいりました。今後もコンカー社とのパートナーシップを強化・発展させ、引き続きお客様の間接費改革と更なる成長をご支援してまいります。」

最優秀サービスパートナーアワード:富士ソフト株式会社
2012年当時、アジア最大規模であった自社導入のノウハウを活かし、システム連携、テスト支援、運用支援など、お客様企業の要望に沿った質の高いサービスを提供することで、数多くの導入プロジェクトを成功に導いていただいたことを評価。

受賞コメント:富士ソフト株式会社 代表取締役 社長執行役員 坂下智保 氏
「このたびは、本賞に選出いただき、大変光栄に思っております。弊社はアジア最大級である1万人規模のConcur Expense自社導入のノウハウを集結し、導入支援だけでなく、システム連携から運用にいたるまで、幅広いサービスの提供を実現し、多くのお客様にご利用いただいております。今後もコンカー社との協業関係を強化・発展させ、お客様の間接費改革とさらなるビジネスの発展に貢献できるように尽力いたします。」

イノベーションパートナーアワード:株式会社NTTデータ・スマートソーシング
アジアで初めてのConcur BPOパートナー(注2)となり、「Concur Travel & Expense」を共通基盤として戦略的に運用。アジア初の出張・経費管理業務BPOサービスを開始されたことを評価。

受賞コメント:株式会社NTTデータ・スマートソーシング 代表取締役社長 和田泰之 氏
「この度は、アジア初のBPO分野の協業パートナーとして、『イノベーションパートナーアワード』を頂き、誠にありがとうございます。2015年4月に間接費管理の高度化に向け、クラウド型BPOサービスの事業推進を目的に、コンカー様と協業し、Concur「IT」とBPO「人」を融合することで、「Perfect Expense」の早期なる実現を目指しております。今後も、今秋の電子帳簿保存法改正に適応したBPOソリューションをはじめ、出張手配の簡素化や出張費用削減を狙ったBTM(Business Travel Management)サービス等を提供し、お客様の課題解決と事業価値の最大化に貢献していきたいと考えております。」

最優秀プロジェクトアワード:株式会社セゾン情報システムズ
短期導入というお客様の要望に応えるため、お客様と一体となり導入プロジェクトを推進。わずか1カ月でサービス開始を実現、お客様の高い満足度を得られたことを評価。

受賞コメント:株式会社セゾン情報システムズ 代表取締役社長 宮野隆 氏
「このたびは、本賞に選出いただきありがとうございます。お客様に満足していただける品質と付加価値の高いサービスを提供すべく、限られた期間でプロセスを最適化しながら導入プロジェクトを遂行した現場の力をご評価いただき、大変光栄に思います。今後も株式会社コンカー様との協業を通じ、更なるお客様の満足度向上と課題解決に努めてまいります。」

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、以下のように述べています。
「日本法人を設立してから5年目という節目を無事迎えられたのも、コンカーとともに間接費改革を推進していただいたパートナーの皆様のご支援のお蔭です。今年は9月に施行される領収書電子保存の規制緩和により、日本企業の間接費削減、高度な経費管理への関心はますます高まっています。そのご要望に応えるためにもパートナーの皆様との連携をより強固にし、これからも日本企業の利益体質への転換、競争力強化に貢献したいと考えています」

(注1)株式会社アイ・ティ・アールが発行する「ITR Market View:ERP市場2015(国内経費精算市場動向)」より引用。
(注2)Concur BPOパートナー契約とは、コンカーがBPOサービス事業者に対して再販権を提供するもので、本契約締結企業は顧客企業へのBPOサービス提供に際してコンカーサービスの再販を行う事が可能となるものです。

■ 株式会社コンカーについて
企業向け業務SaaSベンダーとしては世界第2位の規模である米国 Concur Technologiesの日本法人です。2011年2月、資本金4億円で設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Expense』『Concur Travel』『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務を支えるサービス群を提供します。コンカーの詳細についてはwww.concur.co.jpをご覧ください。

■ Concurについて
SAPグループ企業のConcurは、全世界で約3,000万人のユーザー数、およびFortune500の61%の企業が利用する世界トップシェアの出張管理クラウドサービスを提供しております。各地域におけるT&E(出張・経費管理)に関するリーディングカンパニーとの提携を重要な戦略と位置づけ、ビジネスを拡大しています。コンカーは出張・経費管理におけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。モバイルでも利用可能なクラウドソリューションはコスト管理と従業員のムダな時間消費を削減します。Concur Travel & Expenseを通じた継続的なイノベーションと、エコシステムを活用したアプリケーション、コンテンツの拡充、そして、外部情報を組み合わせた包括的な出張・経費データの活用により、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。これはコンカーが掲げる企業ビジョン “The Perfect TripTM”の戦略に基づくものです。また、The Concur Perfect Trip Fundは最先端で革新的な出張に関するテクノロジーを持つ企業に投資を行います。2013年10月に行われた初めての年次開発向けカンファレンスにて、優秀賞として10万ドルを付与しています。詳細はリンク またはコンカーブログをご覧ください。

本件に関する問い合わせ先:
株式会社コンカー マーケティング部
電話:03-4570-4600


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事