logo

テクトロニクス、高速信号の測定確度を向上する新ソリューションを発表

テクトロニクス 2016年02月17日 10時49分
From Digital PR Platform


2016年2月17日
報道発表資料

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、ケーブル、フィクスチャなどの影響を評価、ディエンベッドするプロセスをシンプルにし、より正確で再現性のある測定結果を実現する新しいソリューションを発表します。このソリューションは、SignalCorrectソフトウェアとTCS70902型キャリブレーション・ソースを組合せ、テクトロニクスのDPO/MSO70000シリーズ・リアルタイム・オシロスコープで使用します。

DUT(被測定デバイス)の信号とオシロスコープの接続には、ケーブル、フィクスチャ、アダプタ、またはRFスイッチなど、さまざまなインターコネクトが使用されます。信号が高速になると、インターコネクトは信号の特性に影響を及ぼすことになり、ISI、寄生容量、遅延、インピーダンスのミスマッチ、損失、変動などによってアイの形状が崩れることがあります。従来、インターコネクトの特性評価とディエンベッドには専門知識が必要であり、高価な特殊機器を使用していました。テクトロニクスの新しいソリューションでは、初心者でも標準仕様の高速リアルタイム・オシロスコープを使用して、簡単かつすばやく実行可能です。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのブライアン・ライク(Brian Reich)は、次のように述べています。「電気、通信業界での信号の高速化につれ、高速信号の測定でインターコネクトの影響を除去する必要性は、従来にくらべ飛躍的に一般要件となっています。SignalCorrectソフトウェアと新しいキャリブレーション・ソースを使用することで、インターコネクトの特性評価とディエンベッドなど、従来は複雑だった作業は高速信号測定/解析の作業の一部として簡単に実行できます」

インターコネクトの特性評価のプロセスがシンプルになるよう、SignalCorrectは初期設定から挿入損失の測定、フィルタの生成と適用までの手順が示されます。ソフトウェアは使いやすいGUIで直感的に操作できるよう設計されており、テキストと図の両方で手順が示されます。このソフトウェアでは一回の測定から複数のフィルタが生成でき、生の波形と異なったフィルタ設計の比較が可能です。

軽量・小型のTCS70902型キャリブレーション・ソースはIUT(被測定インターコネクタ)の近くに置くことができ、正確な測定が可能です。9psの高速エッジ出力を2つ装備しており、2入力測定、シングルエンド、差動、コモンモード信号のフル・ディエンベッドが行えます。高速な立上り時間により、超高性能オシロスコープを使用した50GHz以上の特性評価が可能です。その他のアプリケーションの信号源としても使用できます。


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の測定課題を解決し、直感的に問題点を把握したり新たな発見を促すような、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト、計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたりデジタルの時代の最前線に位置し続けています。ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事