logo

レイ・フロンティア、「IBM Analytic for Apache Spark」を活用して、行動情報分析基盤の機械学習処理を強化



[画像1: リンク ]

レイ・フロンティア株式会社(以下、レイ・フロンティア)は、分散インメモリーを用いて大量データを処理するIBMの分析基盤「Spark as a Service(スパーク・アズ・ア・サービス)」を採用して、同社が法人向けに展開する行動分析基盤を構築しました。

この新しい行動分析基盤は、レイ・フロンティアが開発・運営する「サイレントログ(SilentLog:サイレントログ)」で用いられている行動分析技術に、IBMのクラウド「IBM(R) Bluemix(ブルーミックス)」上で提供する「Spark as a Service」の機械学習処理技術を組み合わて構築されています
[画像2: リンク ]

サイレントログ イメージ
iTunes App Store:リンク

同社では、1日1人あたり数千件におよぶ行動情報をリアルタイムに処理するため、強力なインデックスエンジンである Elasticsearchでの前処理に加え、機械学習を含めた高度な分析を「IBM Bluemix」のインフラ上で動作するSparkで行っています。必要に応じていつでも充分なリソースを割り当てられるSparkの柔軟性により、定期的なバッチ処理のみならず、大規模データを対象としたデータ分析処理が効率化されたことで、同社の目指す生活者の状況に寄りそった情報発信が可能となりました。

例えば、特定エリアに近づいたサービス利用者のスマートフォンに情報を配信する仕組みは、従来であれば1ヶ月以上前の位置情報を分析したものに基づいていました。しかし、この分析がリアルタイムで行われることで、より行動に即した状態、適切なタイミングでレコメンドをすることが可能となり、レコメンドの効果を大きく上げると考えられます。

レイ・フロンティアでは、今回構築をした新しい行動分析基盤を用いて、地理空間情報技術のリーディングカンパニーである国際航業株式会社と「サイレントログを活用した住民の健康管理、タウンマネージメントに関する共同事業」の実証実験を、2016年初旬から計画しています。

また、並行して「東京大学大学院情報理工学系研究科 廣瀬・谷川研究室」と行動情報の活用に関する共同研究開発を進め、生活者へ適切な情報を発信し、気づきを促し、生活をより豊かなものにする社会の実現に取り組んでいきます。

IoT化と人工知能分野の技術革新によって、従来はマスという集合体にまとめられていた個々人の行動に注目が集まっています。レイ・フロンティアは「仮想と現実をつなぐサービスをつくる」という理念の元、生活者に寄りそうための技術として「行動情報の集計技術」と「行動情報の分析技術」に注力してきました。今後は、IBMの信頼ある基盤を用いて、行動情報を長期的に記録・保管・分析するサービスを提供すると共に、行動情報を様々な課題の解決に役立てたいと考える法人や団体を支援していきます。

以上

■プレスリリース
レイ・フロンティア/プレスリリース:リンク
IBM/ニュースルーム:リンク

■レイ・フロンティア株式会社
会社概要
会社名 : レイ・フロンティア株式会社( リンク
住所  : 〒110-0016 東京都台東区台東2-7-4 桜田ビル501
(最寄り駅:JR線/秋葉原駅、銀座線/末広町駅)
役員  :
・代表取締役 CEO / 田村 建士
・代表取締役 CTO , Founder / 大柿 徹
・取締役 CCO / 澤田 典宏

■関連情報
・SilentLog
リンク
・SilentLog公式ブログ
リンク
・IBMクラウドについて
リンク
・IBMクラウドFacebook
リンク
・IBMクラウドTwitter
リンク

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Bluemixは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、リンク (US)をご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事