logo

イマドキ若者は、リアルよりもネットの人気があればいい?!「ネットモテ」に重点をおく!

LIDDELL株式会社 2016年02月16日 11時43分
From PR TIMES

若者生態バラエティ「みんなのクラウド教室」2月16日(火)より「イケメン編PART2」スタート!番組配信にあわせて若者100人にアンケートを実施!

LIDDELL株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:福田晃一、以下リデル)が運営する、空いた時間にSNSを有効活用したいという個人と、SNSを使ってPRしたい企業をつなぐサービス「SPIRIT」は、cloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長 齋藤将平)とコラボレーションし、様々なジャンルの若者のネットリテラシーにフィーチャーする、若者生態バラエティ番組「みんなのクラウド教室 イケメン編 PART2」を2月16日(火)より配信致します。




<約3割がイマドキ若者はリアルよりネットモテを感じる!?>
【リアルよりネットでモテると感じたことはありますか? 】

[画像1: リンク ]

■YES : 31%
■NO : 69%


◎リアルよりネットでモテると感じたことがあるかという質問に対し、YESの回答が30%を超える結果となりました。プロフィール画像や、投稿写真などに対して画像加工アプリを駆使し、ネットの中で理想の自分を作り上げている傾向にありました。さらに詳しく聞いてみると、ネットの中で人気が出ればそれでいいと、リアルよりもネットでモテることに重点を置くという声もありました。


<ネット上では知らない人にも気軽に声をかけられる!?>
【SNSなどで知らない異性に連絡やいいね!等をしたことはありますか?】

[画像2: リンク ]

■YES : 61%
■NO : 39%

【その場合どんな時?】
・顔がタイプだったとき
・投稿内容がおもしろかったとき
・趣味や興味が同じだった時


◎SNS上で約60%の若者が知らない人にコミュニケーションをしたことがあるという結果。友達がつながっていたり、タイムラインで見かけたことがある場合に障壁が下がるようです。Twitterでコメントなどでやりとりしたあと、その後LINEでやりとり、実際に会うという声もありました。


<ネットでモテるコツとは!?若者が実践する「ネットモテ」テクニック>
【ネットでモテるコツは何ですか? 】
■写りの良い写真をSNSのプロフィール使う
■絵文字を多く使う
■プロフィールなどに自分の実績を大きく見せて、ブランディングする
■自分の中の良い面しか相手に見せない(例:かわいいキャラを演じる)
■親しみやすくする、上から目線ではなく、気取らないこと

◎自分の中の良い面を大きく見せるという声が多くありました。また、コメントを同じテンションで返すようにしたり、いいねを露骨にし過ぎないようにする等、ネット上でのコミュニケーションに工夫が多く見られました。アンケートの中で、「逆にコツが知りたい」という声もあり、ネットモテを模索している若者もいるようでした。


<男子の自撮りが急増中!ジェンダーレスネオイケメンの影響か!?>
【自撮りを頻繁にしますか?】
[画像3: リンク ]



■YES : 43%
■NO : 57%


◎自撮りは頻繁にしますか?という質問に対し、YESとの回答が半数近くありました。また、女子の自撮り率が54%、男子の自撮り率が31%とやはり女子の自撮り率のほうが大きく上回るのですが、男子の自撮りも急増している傾向にあります。これは、ジェンダーレスなネオイケメンの人気や草食系男子の台頭によるものかもしれません。


<2~3回で納得のいく写真は撮れる!自撮りの巧みな技!>
【一度の自撮りで何度撮り直しますか?】

[画像4: リンク ]

■3回  28%
■2回 26%
■5回 19%
■1回   9%
■10回   6%
■4回  4%
■その他  8%


◎自分の気に入る自撮りが撮れるまで、撮り直すことが多いよう。なんと30回も撮り直すとの声もありました。しかし自撮りに慣れている若者が多く、ライトの加減や顔の角度、側にあるアイテムなどを活用しスムーズに自撮りを行う模様です。


<履歴書も自撮り!自撮りは結局モテるため!>
【何のために自撮りしますか? 】
■SNS等のプロフィール画像に使うため  
■恋人に送るため
■履歴書に自撮り画像を使うため     
■自己満足のため
■SNSに投稿しカッコいい、可愛いと言われたいため

◎何のために自撮りをするか尋ねたところ、SNS等のプロフィール画像に使うという声が多く、自分をよく見せるために自撮りをするそうです。履歴書に自撮り写真を使うとの声もあり、就活やアルバイトなどでも見た目を気にしている様子が伺えます。


<B612・Camera360、若者に人気の加工アプリ!>
【どんなアプリで自撮りを加工しますか?(複数回答可) 】
[画像5: リンク ]



■B612 34.7%
■Camera360 16.3%
■Instagram 6.5%
■スマホのデフォルト加工 4.3%
■Beauty Plus 2.2%
■その他(加工しない含む) 36%


◎どんなアプリで自撮りを加工するか聞いたところ、B612、Camera360、Beauty Plus、という声がありました。さらに、スマホのデフォルトの加工で済ませるという声も多かったです。若者の間ではナチュラルに盛れて、簡単に使えるアプリを選んで傾向があるようです。


[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]



<アンケートに無い内容も番組では、若者のネット生態をハマカーンが爆笑調査!>
【番組概要】
若者生態バラエティ番組「みんなのクラウド教室」は、“クラウド”をテーマとしたトークバラエティ番組です。MC(先生)にお笑い芸人のハマカーン、ゲスト(生徒)には女性アイドルグループや、話題のガングロギャルといった個性的な若者たちが登場し、軽快なトークを繰り広げます。クラウドの有識者を講師として招き、クラウドの利活用をテーマとした勉強会を開催。若者のネット活用における独特な生態を面白おかしく紹介していきます。
[画像10: リンク ]



■ 番組名      「若者生態バラエティ みんなのクラウド教室」
■ 今回のテーマ   イケメンか゛自撮りを拡散してみた『イケメン編 PART2』
■ 配信開始日時    2月16日(火)配信
■ サイトURL    リンク


<出演者>
「みんなのクラウド教室」レギュラー出演者紹介


[画像11: リンク ]



MC(先生):ハマカ―ン
ボケの浜谷健司、ツッコミの神田伸一郎からなるお笑いコンビ。
「THE MANZAI 2012」チャンピオン


[画像12: リンク ]



講師:後藤 和貴 (cloudpackエバンジェリスト)
cloudpackエバンジェリスト。多くの人にクラウドを利用してもらうため、AWSの導入から運用までサポートするcloudpack(リンク)を2010年4月から開始。


イケメン編 出演者プロフィール
[画像13: リンク ]



宮崎湧(なのっくす)
リンク
■プロフィール
1995年1月25日生 大学生/読者モデル/俳優
ボーカルグループZOLAリーダー(リンク)



[画像14: リンク ]



伊藤 蓮(れん)
リンク
■プロフィール
1995年2月20日生 
出身地:静岡県 血液型:O型 人気キャス主(ツイキャス)


[画像15: リンク ]

鈴木勤(ごん)
リンク
■プロフィール 
1992年4月25日生 ファッションモデル、俳優、
CM:マンダム「GATSBY」web、雜誌:『CHOKi CHOKi』『Samurai ELO』『FINEBOYS』バンドグループ :774‘s GONBEEメンバー(リンク)


[画像16: リンク ]



三嶋時人(時人)
リンク
■プロフィール 
1993年11月19日生 フジテレビ「水球ヤンキーズ」出演
ボーカルグループZOLAメンバー(リンク)


[画像17: リンク ]

山田ジェームス武(ジェームス)
リンク
■プロフィール
1990年5月7日生 役者、モデル、デザイナー、ギャル男系ストリートファッション誌『Men's egg』にてモデルデビュー。「たけぞー」で一躍人気モデルに。
2013年映画「新大久保物語」で俳優デビュー。


<アンケート・番組について>
【アンケートについて】
・アンケート調査名:「 若者のネット活用生態調査」
・調査主体:みんなのクラウド教室調べ リンク
・対象期間:2016年2月12日(金)~2月13日(土)(インターネット及びインタビュー調査)
・調査人数:18歳~25歳の日本人男女・合計100名

[画像18: リンク ]

【みんなのクラウド教室の背景】
本番組では、デジタルエンターテインメント事業を行うリデルが運営する「SPIRIT」と、アマゾンウェブ サービス(以下、AWS)の導入支援サービス『cloudpack』を提供するなどIT分野に強みを持つアイレットによる、エンターテインメント×ITの融合を実現。便利なクラウドサービスの活用促進など、日本に広く啓蒙していくことを主眼とした番組を配信してまいります。

[画像19: リンク ]



【cloudpackについて】
cloudpackは Amazon Web Services (AWS)の導入設計、環境構築、運用・保守までを トータルでサポートするマネージドホスティングサービスです。 AWSのプロダクトを、構築はもちろんのこと、24時間サポートや、サービス監視、 バックアップなどの作業代行や技術サポートを行い、お客様の運用負荷を可能な限り軽減することを目指しています。


【会社概要】
社名:LIDDELL株式会社
URL:リンク
所在地 :東京都港区南青山4-17-4 四神ビル2F
代表取締役:福田晃一
事業内容:エンターテインメントに特化したデジタルマーケティング事業

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。