logo

製造業向け業務システムの分野でカシオ計算機と協業

ハンディターミナルとクラウドを活用し、複数の工場に点在する在庫の見える化を実現

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、カシオ計算機株式会社(代表取締役 社長:樫尾 和宏、本社:東京都渋谷区/以下、カシオ)と協業し、中堅・中小規模製造業向けに、自社工場や協力会社の工場、倉庫などに点在する製品の在庫状況・入出庫状況のリアルタイムな見える化を実現するサービスを本日から販売開始します。
具体的には、カシオのハンディターミナル、サイボウズ株式会社のクラウドサービス「kintone(キントーン)」を活用し、日立システムズが提供する日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage(フューチャーステージ)」のオプションサービスとして提供します。

製造業においては、製造プロセスの中で複数の協力会社を活用しています。たとえば、金属部品を製造する企業においては、加工作業を委託する工場、表面処理を委託する工場など工程ごとに適切な会社を活用しています。さらに、近年ではBCP(事業継続計画)対策を踏まえて、委託先の数がますます増えていく傾向にあります。そうした状況の中で、自社の製品在庫、生産状況、納期などを適切に管理する必要がありますが、基幹システムと複数の委託先のデータを連携するには、各委託先とセキュアなネットワーク回線を整備する必要があり、多大なコストがかかります。そのため、委託先とは一般的に電話やFAX、メールなどでやり取りしており、リアルタイムな在庫状況の把握ができていませんでした。こうした背景を踏まえ、日立システムズはカシオと協業し、両社の製品やクラウドサービスを組み合わせて、在庫管理の課題を解決するサービスを開発しました。

本サービスでは、自社工場だけでなく、ネットワークがつながっていない委託先工場や倉庫からも、カシオのハンディターミナル「DT-X200/DT-X100/IT-G500」を使って製品のバーコードなどを読み取るだけで、インターネットとクラウドサービス「kintone」を通じて「FutureStage」の在庫データにリアルタイムで入出庫情報や製造実績を反映できるようになります。電話やFAXなどでの煩雑なやり取りが不要になるほか、正確かつ迅速な在庫状況の見える化を実現できます。
また、発注側が「FutureStage」を既に利用されている場合、本サービス導入に必要な費用は、「FutureStage」のオプションサービス費用と、クラウドサービス「kintone」の月額利用料、カシオのハンディターミナルの購入費用、インターネット環境の費用だけで済むため、発注側、委託先の双方とも大きな投資をせずに導入可能です。
日立システムズは、今回の協業を通じてFutureStageの拡販に務め、2018年度に40億円の販売をめざします。

なお、今回のサービス販売開始にあたり、カシオから以下のコメントをいただいています。

このたびは、日立システムズが、当社製品に対応したシステムをリリースされますこと、心より歓迎いたします。
製造業向け業務システムの分野で多くのユーザー様を持ち、また高い評価を受けている日立システムズの「FutureStage」と、当社のハンディターミナルとの連携による、両社の強みを生かした新たな展開に期待しております。さらに、サイボウズ株式会社の「kintone」を併用することで、委託先や協力会社との間における在庫状況や入出庫情報の把握も実現でき、昨今のBCP対策を踏まえた画期的かつ効率的なソリューションをお客さまにご提供できます。今回の協業は、お客さまの満足度向上に寄与できるものと確信しております。

カシオ計算機株式会社
システム営業統轄部 統轄部長 手塚 裕一

詳細はこちらからリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。