logo

Fluke Biomedical がQA-ES III電気メス・アナライザーを発表、適正な性能と安全性を保証

Fluke Biomedical 2016年02月16日 10時05分
From 共同通信PRワイヤー

Fluke Biomedical がQA-ES III電気メス・アナライザーを発表、適正な性能と安全性を保証

AsiaNet 63393 (0176)

【エバレット(米ワシントン州)2016年2月16日PR Newswire=共同通信JBN】正しく機能しない電気メス(ESU)は危険であり、効果のない切断、焼灼(しょうしゃく)あるいは血管閉鎖につながり、患者あるいは医師にやけどを負わせ、発火することもある。従って電気メスの性能を検証し、規定通りに動作していることを保証することが重要である。Fluke BiomedicalのQA-ES III電気メス・アナライザーは、精度の高い出力、電流、周波数、波高因子、負荷抵抗を含む電気メス(ESU)の全ての重要な機能をテストする。

Photo - リンク

Photo - リンク

Logo - リンク

Fluke Biomedicalのゼネラルマネジャー、エリック・コンリー氏は「QA-ES II電気メス・アナライザーは10年以上の間、バイオメディカルの技術者にとって信頼できるツールであった。当社の新しいQA-ES IIIは性能が改善され、ワイヤレス(注)機能を備えており、ケーブル、リード、ハードウエアを追加する必要はなく、すぐに使える。さらに、これは先行製品より5.5ポンド(2.5キログラム)軽く、持ち運びも容易である」と説明する。

QA-ES IIIの多目的ポートは、そのカラーコード化されたスタッキングリードと合わせ、ESUの性能と安全性をテストし、検証するのに必要な接続の数を最低限に抑える。QA-ES IIIはまた、血管閉鎖、コンタクト・クオリティー・モニター(CQM)、高周波(HF)漏洩、単一または連続モードでの出力分配を測定するための精度と範囲を強化する。

QA-ES IIIの上級マーケティングマネジャー、シリン・カンナ氏は「QA-ES IIIは出力、電流、最大振幅電圧、波高因子で業界をリードする性能、仕様を持っており、今の現代的な高出力のESUにとって理想的な電気メス・アナライザーとなっている。装置内に最高5000のテスト記録を保存することが可能であり、これらの記録はBluetoothあるいはUSBを経由してPCに迅速かつ容易に移すことができる」と説明する。

QA-ES IIIは、ANSI/AAMIやIECなどの電気メス・デバイスをテストするための最新の世界的な業界標準に適合している。それは大型LCDスクリーンやオンスクリーンのガイドによって容易にセットアップし、利用できる。それはまた、迅速な出力分配テストのためのビルトイン・オートメーションも備えている。オプションとなるAnsurテスト・オートメーション・プラグインが作業を標準化し、全体のテスト時間を短縮し、カスタマイズされたテスト・テンプレートおよびリポートを使って予防保守手続きを自動化することによってエラーを減らす。

(注)QA-ES III は世界中で提供される。ワイヤレス機能は当初、米国、カナダ、欧州(ロシアを除く)で利用可能であり、2016年3月初め以降、その他の諸国に展開される。

▽Fluke Biomedicalについて
重要な測定で信頼されている。Fluke Biomedicalは医療産業向けの検査、測定機器とサービスの一流の世界的プロバイダーである。同社はバイオメディカル・エンジニア、品質保証技術者、医学物理士、腫瘍専門医、放射線安全専門家にサービスを提供し、同社のソリューションの範囲をより幅広い健康・安全専門家の範囲に拡大し続けている。詳しい情報はwww.flukebiomedical.com を参照。

Fluke BiomedicalとUnfors RaySafe製品に関する詳しい情報および関連写真の入手は、以下に問い合わせを。
Julie Lary
Marketing Coordinator
+1 (425) 446-6006
julie.lary@flukebiomedical.com

ソース:Fluke Biomedical

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事