logo

ザ・ウールマーク・カンパニーとクリストファー・レイバーンがコラボ

ザ・ウールマーク・カンパニー 2016年02月10日 09時30分
From 共同通信PRワイヤー

ザ・ウールマーク・カンパニーとクリストファー・レイバーンがコラボ

AsiaNet 63368

ザ・ウールマーク・カンパニーとクリストファー・レイバーンがコラボ

ロンドン(英国)、2016年2月10日/PRニュースワイヤー/ --
ザ・ウールマーク・カンパニーとクリストファー・レイバーンは、2016年秋冬ロンドン・ファッション・ウィークにおいて、ユニークなコラボレーションを披露します。

ザ・ウールマーク・カンパニーは、イギリス人デザイナー、クリストファー・レイバーンとの2016年最新デザイナーコラボレーションを発表します。クリストファー・レイバーンの2016年秋冬ウィメンズウェア・プレゼンテーションの作品では、メリノウールが中心的役割を果たし、来たるロンドン・ファッション・ウィークでは、アイコニックなウールマーク・ブランドとメリノウールが主役になります。

     (写真: リンク

メリノウールは、機能性に優れています。温度と湿度を和らげ、湿度を管理し、不燃性・抗菌性があり、天然の縮み(クリンプ)のため伸縮性があります。革新と変化が原動力となった、これほど豊かな遺産を持つ繊維は、メリノウールの他にはありません。自然にインスパイアされたメリノウールは、実験を恐れない人たちのために、現代文化とプログレッシブなアパレルとを結びつけます。

他の繊維とは違って、メリノウールがどのように技術革新を取り入れたかを紹介し、レイバーンの2016年秋冬のプレゼンテーションは、メリノウールの技術的進歩を検証することで、不朽の象徴的アウターとベースレイヤーを再構築します。

ファッションの持続可能性に対するレイバーンの献身は、彼の特徴である繊維の再利用や歴史の細部にまで及ぶ細やかな配慮とならんで、天然で生物分解性があり、再生可能な繊維であるメリノウールの使用を通し、その適応性、多様性、着心地の良さ、現代の人々との関連性を強調する上での見どころとなります。

ザ・ウールマーク・カンパニーとレイバーンのコラボレーションは、2月23日ICA(インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツ)でプレビューできます。

ザ・ウールマーク・カンパニー(The Woolmark Company)について
ザ・ウールマーク・カンパニーは、ウールのグローバル権威です。国際的な織物・ファッション業界に及ぶ広大なネットワークを通じて、オーストラリアウールの地位を高級アパレルの究極の天然繊維、一流の材料として際立たせています。

ウールマークのロゴは、世界で最も広く認められ、尊重されているブランドで、最高品質を保証すると同時に、農場から完成品までの卓越性とイノベーションのパイオニアであることを表しています。

ザ・ウールマーク・カンパニーは、世界中にわたるオーストラリアウールの供給プロセスで研究、開発、マーケティングに投資する、2万5000人以上の牧羊業者が所有する非営利企業、オーストラリアン・ウール・イノベーション(Australian Wool Innovation)の下部組織です。

リンク

会話にご参加ください:
#merinowool
Facebook.com/TheWoolmarkCompany (リンク
@woolmark (リンク
@thewoolmarkcompany (リンク
Facebook.com/studioraeburn (リンク
@christopherraeburn (リンク
@StudioRaeburn (リンク

情報源:ザ・ウールマーク・カンパニー


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事