logo

玉川学園が2月10日にNASA高官による講演会を実施 -- 科学観測研究室副長官John M.Grunsfeld氏が講演

大学プレスセンター 2016年02月08日 08時05分
From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

玉川学園(東京都町田市/学園長:小原芳明)は2月10日(水)にNASA高官による講演会を実施する。これは、同学園のIBクラスに在籍する生徒およびSGH・SSHプログラムに関わる生徒を対象としたもので、司会を務めるのもIBコースの12年生。2013年にNASAボールデン長官が講演を行ったこともあり、今回の講演が実現した。なお、この講演会は一般には非公開。


 ユーリイ・ガガーリンによる人類初の有人宇宙飛行の成功(1961年)から半世紀、また、日本人初の宇宙飛行の成功(秋山豊寛氏、1990年)から4半世紀。宇宙飛行は人類すべての夢であるとともに、宇宙・地球観測や、地上では実現できないさまざまな物理・科学実験の場として、今日ますます注目を集めている。

 こうした中、玉川学園では2月10日(水)、M.Grunsfeld氏を招請。同学園のIBクラスに在籍する生徒およびSGH・SSHプログラムに関わる生徒を対象に、宇宙での貴重な体験を語っていただくほか、質疑応答の機会も設け、生徒らの知的好奇心を喚起する場とする。詳細は下記の通り。

◆NASA高官(元宇宙飛行士)による講演会
【日 時】 2月10日(水)12:20~13:10
【場 所】 玉川学園 中学年講堂(東京都町田市玉川学園6-1-1)
【内 容】
講演タイトル「The View from Above: How NASA Science and Human Space Exploration Impacts Our World」
・「宇宙から見た地球」NASA編集ビデオ
・「5回の宇宙体験談」
・「質疑応答」
【講演者】 John M.Grunsfeld(科学観測研究室副長官)

 なお、講演および質疑応答は英語で行われる。

※この講演会は一般公開しておりませんが、報道機関の方については、お席を用意しております。

(参考)
●玉川学園 国際バカロレア(IB)クラス
 リンク
●玉川学園 スーパーグローバルハイスクール(SGH)
 リンク
●玉川学園 スーパーサイエンスハイスクール(SSH)
 リンク

▼本件に関するお問い合わせ先
 玉川学園教育企画部広報課
 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
 TEL: 042-739-8710
 E-mail: pr@tamagawa.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事