logo

明治屋と「ethica(エシカ)」がコラボレーション「私によくて、上司にイイ。」バレンタイン企画を明治屋ストアー全27店で展開

TRANSMEDIA Co.,Ltd 2016年02月02日 16時39分
From PR TIMES

広尾で話題の「アフリカの花屋」ソーシャルアントレプレナー萩生田愛さんとも店頭コラボを同時展開

「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに、生活に彩りを添える情報とサスティナブルな世界を創るヒントがセットで楽しめるWEBマガジン「ethica(エシカ)」を運営する株式会社トランスメディア(本社:東京都港区/代表取締役社長:大谷賢太郎)は、株式会社明治屋(本社:東京都中央区/代表取締役社長:米井元一)と、2月6日(土)から14日(日)まで、全国27店舗の明治屋ストアーで「私によくて、上司にイイ。」バレンタイン企画を展開します。



[画像1: リンク ]



<コラボ企画概要>

明治屋の全店頭に「ethica(エシカ)」オリジナルPOPを掲出、QRコードからエシカの企画ページにリンクできるバレンタイン企画を展開します。

[画像2: リンク ]

また、明治屋京橋ストアーと広尾ストアーでは、「ethica(エシカ)」オリジナルしおりを先着100名にプレゼントする予定です。
[画像3: リンク ]



今回の企画は、今年のバレンタインデーには、義理チョコの代わりにしゃれの利いたギフトとして「義理カン(=おいしい缶詰※)を贈ろう」という明治屋の提案キャンペーンに賛同して実施するものです。

※「おいしい缶詰」=素材と製法にこだわった、お酒にもご飯にもよく合うちょっと贅沢なグルメ缶詰。明治屋が2014年2月から発売しています。

職場のバレンタインと言えば義理チョコが当たり前のなか、こだわりの「義理カン」を選ぶことで、贈り手のセンスや気遣いが相手に伝わり、「仕事ができる人」と思われる効果が期待できる(=私にイイ。)甘いものが苦手な上司にとって、チョコレートをもらうよりも嬉しい(=上司にイイ。)

まさにエシカのコンセプトである「私によくて、世界にイイ。」をより身近に感じさせる「私によくて、上司にイイ。」バレンタインデーギフトであると位置づけ、今回のコラボレーションが実現しました。

「アフリカの花屋」とも店頭コラボを同時展開

さらに、明治屋広尾ストアーからもほど近い場所でソーシャルアントレプレナー萩生田愛さんが店舗展開する「アフリカの花屋」とも同時にコラボし、「ethica(エシカ)」オリジナルPOPを掲出、「ethica(エシカ)」オリジナルしおりを先着100名様に配布するとともに期間中は特別に「おいしい缶詰」の店頭展開も行います。

[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]



WEBマガジン上でも「ethia(エシカ)」バレンタイン企画を展開

この他にも、WEBマガジン上では先行して、1月28日(木)より「バレンタインにチョコの代わりに欲しいモノ調査」や「ノンアルコールスパークリングワイン」といったバレンタインデーにちなんだインフォメーションを紹介しており、2月14日まで、女性にとって特別な日であるバレンタインデーを盛り上げていきます。

「ethica(エシカ)」がバレンタインの期間、店舗との連動企画を実施するのは一昨年の紀伊国屋書店本店に続いて今回が2回目になりますが、今後はバレンタインに留まらず、さまざまな機会を通じて、店舗との連動企画を進めていく予定です。

明日は、コラムニスト・石原壮一郎さんのトークショーを開催

なお、明治屋では、今回の店頭コラボに先駆けて、2月3日(水)19時から東京・京橋の明治屋本社ビル7階ホールで、「大人力検定」「大人の女力検定」などの著者であるコラムニスト・石原壮一郎さんを招いてのトークショーを開催します。こちらのイベントは新刊・既刊を問わずユニークな本や隠れた良書を発掘し、植物を育てるようにていねいな売場提案を行う、出版販売会社トーハンの「ほんをうえるプロジェクト」が企画立案から参加したコラボレーションイベントとなっております。当日は、石原さんが「大人力」という観点からバレンタインデーに定着している義理チョコ文化を説く他、当イベントオリジナルの「大人力検定バレンタインデー編」の練習問題も実施いたします。「おいしい缶詰」やワイン、伊勢うどん大使を務める石原さんにちなんだ伊勢うどんの試食なども行う予定です。


尚、お席に限りがありますので、事前にお申込み下さい。
詳しくはこちらから
リンク

[画像6: リンク ]


【webマガジン「ethica(エシカ)」】 リンク
【Facebook】 リンク
【twitter】 リンク

ethica 媒体概要
「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトに、個人と世界のサスティナビリティ(持続可能性)を追求するエシカルコンシャスなコンテンツを集めた新しいメディアです。2000年から各種(雑誌・CD-ROM・映像・インタラクティブ)のメディアプロデュースに携わり15年の経験を持つ株式会社トランスメディア代表の大谷賢太郎が編集責任者として総合メディアプロデュースを行い、「エシカルコンシャス」なトピックスに敏感な20代~30代の女性をターゲットに、ライフスタイルに関する情報を軸として、生活に彩りを添える情報とサスティナブルな世界を創るヒントをお届けしています。

[動画1: リンク ]



株式会社トランスメディアについて(英語表記:TRANSMEDIA Co.,Ltd)
「デジタルマーケティング」と「映像製作」を強みに持つクリエティブエージェンシーです。企業経営者・事業責任者を対象に、ご予算に関わらず、総合的なプランニングを希望するニーズに対して、ブティックだからこそ成しえる「機動力」と「創造的なクリエイティブ」をご提供し、企業や商品のマーケティング活性化を支援いたします。また、投資育成事業としてメディア事業に取り組んでいます。

[動画2: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。