logo

ギスラン博士博物館とヤンセンが2016年「汚名の連鎖を打破するギスラン博士賞」候補の推薦呼びかけ

ギスラン博士博物館(Dr. Guislain Museum) 2016年02月02日 11時08分
From 共同通信PRワイヤー

ギスラン博士博物館とヤンセンが2016年「汚名の連鎖を打破するギスラン博士賞」候補の推薦呼びかけ

AsiaNet 63195(0095)

【ゲント(ベルギー)2016年2月2日PR Newswire=共同通信JBN】
*精神障害患者の汚名を打破する活動家を捜す

ベルギーのゲントにあるギスラン博士博物館(Dr. Guislain Museum)とヤンセン・リサーチ・アンド・デベロップメント(Janssen Research & Development, LLC)(ヤンセン)は26日、第5回「汚名の連鎖を打破するギスラン博士賞(Dr. Guislain "Breaking the Chains of Stigma" Award)」候補の推薦募集開始を発表した。同賞は、精神障害にまつわる汚名の軽減に顕著な貢献をした個人、プロジェクト、または組織をたたえるものである。世界の個人、組織からの推薦はウェブサイト、リンク で2016年3月31日まで受け付ける。受賞者または受賞団体へは、精神障害に対する社会的汚名を軽減するさらなる活動に費やすことを条件に、5万ドルの賞金が授与される。

ギスラン博士博物館のゼネラルディレクター、レネ・ストックマン牧師は「われわれ国際社会全体に精神障害の汚名が浸透していることからみて、精神障害者に対する否定的理解を根絶するために最前線で闘っている人々に敬意を表することは極めて重要だ。抱合性と平等の確保は、ギスラン博士のライフワークの主柱だった。精神障害者のための活動家や団体を認定して、彼の意志を継続することを誇りに思う」と語った。

受賞する個人、プロジェクト、または組織は、国際的な活動家や精神障害分野の著名な権威で構成される独立した選考委員会によって決定され、2016年10月10日の「世界メンタルヘルス・デー」にニューヨークの式典で表彰される。

昨年、ニューヨーク・クィーンズにあるリビングミュージアムの館長、ヤヌス・マートン博士が2015年ギスラン博士賞を受賞した。精神障害者の個人生活における創造性を養成する並外れた努力と際立つ才能、また、メンタルヘルスケア環境内に画期的で活動的なアートコミュニティーを立ち上げたことを評価された。

ヤンセン・リサーチ・アンド・デベロップメントで神経科学領域のグローバル責任者を務めるフセイニ・K・マンジ医学博士は「われわれには、精神疾患の人々を支援する長い歴史と深いコミットメントがある。われわれの最終目標は精神障害の患者全員の生活を変革することであり、世界中の人々が疾患を正しく理解することにより、汚名打破への変化をもたらす」と話した。

ヤンセンは、ポール・ヤンセン博士(1926年-2003年)の功績を礎に神経科学領域の研究の発展に長きにわたりコミットしている。「ポール・ヤンセン博士」は、20世紀で最も才能があり最も熱心な医師、薬学研究者の1人として知られている。ヤンセンは博士の意志に敬意を払い、メンタルヘルス・コミュニティーやさまざまな活動組織、プロジェクトを支援している。ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のヤンセンファーマは2011年、精神疾患の新しい治療法発見を加速するため、バイオテクノロジー、製薬、公共部門のコラボレーション促進を図る総合的なイニシアチブ「Healthy Minds(ヘルシーマインド)」を発足させた。

▽「汚名の連鎖を打破するギスラン博士賞」について
精神障害への取り組み、または精神障害に関する意識高揚に顕著な貢献があった世界の個人、組織、またはプロジェクトが「汚名の連鎖を打破するギスラン博士賞」の対象者になる(注)。同賞は、以下のような個人、組織、またはプロジェクトに授与される。

*文化・社会レベルで最も広義の精神医療に対して顕著な貢献をした
*精神障害にまつわる汚名を軽減するうえで真の貢献をした
*精神医療に注意を喚起した
*上記のすべてを情熱、創造性、革新性をもって行った

「汚名の連鎖を打破するギスラン博士賞」―ヨセフ・ギスラン博士(1797年-1860年)は精神障害患者に献身した活動家で、患者に科学的根拠がある治療を行ったベルギー初の精神科医である。ギスラン博士は精神障害患者の熱心な擁護者であり、患者の権利を守り、その社会的地位の向上を支援するためにたゆまぬ努力を重ねた。ギスラン博士博物館とヤンセンは共同でこの賞を後援している。両組織は精神障害の研究、治療、教育の分野に豊かな伝統を擁し、長期にわたり関与してきた。

▽ギスラン博士博物館について
ギスラン博士博物館(Dr. Guislain Museum)は1986年、ベルギーのゲントに設立された。展示は、精神医学の歴史とアウトサイダーアートに関する常設展とテーマ展になっている。博物館には一連の精神障害の治療写真、2世紀にわたる包括的な文書、さらに精神障害治療の歴史をたどる大規模な図書館がある。博物館の展示は包括的で、公衆教育および精神障害治療に関する誤解や偏見の是正を目指している。ギスラン博士博物館には毎年、7万2000人が来場する。

(注)ジョンソン・エンド・ジョンソン、ヤンセン・リサーチ・アンド・デベロップメント、およびそれぞれの子会社、ギスラン博士博物館、広告代理店、直系親族、家族は、推薦者や候補、選考委員としてギスラン博士賞に参加する資格がない。直系親族は、親、兄弟、あるいは使用人として世帯に同居する者を意味する。

▽問い合わせ先
Patrick Allegaert
Dr. Guislain Museum
+32 9 216 35 95
allegaert.patrick@gmail.com

Yoon Hee Lamot
Dr. Guislain Museum
+32 9 216 35 36
y.lamot@museumdrguislain.be

ソース:Dr. Guislain Museum

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事