logo

IDCフロンティア、Sprocketを導入し、コンバージョン率が113%に!

株式会社Sprocket 2016年02月02日 09時00分
From RELEASE PRESS



IDCフロンティア、Sprocketを導入し、コンバージョン率が113%に!
~サーバー構築時のガイド表示で離脱防止に効果~

株式会社Sprocket(本社:東京都世田谷区、代表取締役:深田浩嗣、以下Sprocket)は、株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中山 一郎、以下IDCF)が提供する「IDCFクラウド」に、離脱防止ツール「Sprocket(スプロケット)」が採用されたことを発表します。Sprocketガイドを表示した利用者は、表示しない利用者に比べ、コンバージョン率(クラウドサーバー構築率(※))が13%高くなりました。「IDCFクラウド」はアカウント登録後、サーバー構築完了前の離脱が大きな課題でしたが、離脱防止ツール「Sprocket」により実質的なコンバージョンであるサーバー構築率を改善しました。

※クラウドサーバー構築率=サーバー構築者数÷アカウント登録者数

■サーバー構築方法をガイドすることでスムーズな利用へ
「IDCFクラウド」は、1時間1円、1か月500円からサーバーを利用できるパブリッククラウドサービスです。アカウント登録後にサーバーを構築すると利用状況に応じて課金されます。アカウント登録してもサーバー構築をしないまま離脱する利用者は課金対象外となるため、スムーズにサーバー構築を促すための施策として、離脱防止ツール「Sprocket」を導入しました。
アカウント登録直後でサービスへの関心が高い状態にも関わらず、サーバー構築を完了しないまま離脱してしまうのは、初心者が多くサーバー構築でつまずいているという仮説のもと、アカウント登録直後のユーザに、クラウドサーバー構築の手順をガイドするツアーを表示しました。結果、Sprocketガイドを表示しないユーザと比べて、表示したユーザはサーバー構築率が13%高い結果となり、離脱防止の効果を実証できました。

■株式会社IDCフロンティア ビジネス開発本部 オンライン開発部 部長 小田部 博康様からのコメント
「離脱防止ツール『Sprocket』の導入により、お客さまにスムーズにサーバーの構築をしてもらえるようになり、非常に満足しています。今後、Webサイトの初訪者の利用申込率改善や、クラウドサーバーを構築しているお客さまのアップセル率や利用期間の向上といったゴールに対して、別のシナリオを導入していきたいと考えています。」


■「IDCFクラウド」でのSprocketガイド表示イメージ


アカウント登録後の管理画面でSprocketガイドを表示し、ステップバイステップで構築方法を案内


■株式会社Sprocket について
Sprocketは株式会社ゆめみの新規事業を2014年4月に分社独立して誕生しました。マーケティングの領域において、離脱防止を自動化するプラットフォームを提供することで、デジタル時代ならではの企業と消費者の結びつき(エンゲージメント)を創造していく会社です。主な導入実績として、企業ブランドサイト/コミュニティサイト/ECサイトなどがあり、再訪率、投稿率、購入金額といったターゲットKPIを150~400%向上させた実績があります。

■カスタマージャーニーをガイドする。離脱防止ツール「Sprocket」
離脱防止ツールSprocketは、カスタマージャーニーに合わせてユーザがアクションしやすい流れを「ツアー」として設定、最適なタイミングでSprocketガイドを表示して、離脱防止をはかり、期待するアクションに誘導できます。
ユーザの心理を刺激することで「ついもうちょっと使う」状態を生み出すことで、離脱を防止しコンバージョンを劇的にアップします。

Sprocket詳細はこちら リンク

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社Sprocket 担当:木下
【TEL】 03-5431-5233 【E-mail】 info@sprocket.bz
【住所】 〒154-0004東京都世田谷区太子堂2-12-2 T-one世田谷ビル 3F
【公式サイト】 リンク


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。