logo

開業45周年記念婚礼和装プラン「なでしこの粋」を発売

株式会社京王プラザホテル 2016年01月30日 10時00分
From Digital PR Platform


京王プラザホテル(東京:西新宿)は、4月1日(金)から2017年3月31日(金)まで、開業45周年記念婚礼和装プランとして、皇室御用達の京手描き友禅作家による花嫁衣裳と宮廷宝飾店ミキモトの本鼈甲のかんざしで彩る「なでしこの粋」(81万円※サービス料・税金込)を販売いたします。
このたびのプランは、皇室献上の作品を数々手掛けた京友禅作家 藤井寛氏による最高峰の手描き友禅「雲取天井格子」の花嫁衣裳と、宮廷御用装身具を謹製するミキモト製の最上級の本鼈甲のかんざしをセットでご用意いたします。職人の手によって作られた唯一無二の日本の伝統美を纏う、日本人女性の美しさを最大限に彩るプランです。

この度お貸し出しする花嫁衣裳は、皇后陛下、皇太子妃殿下、秋篠宮妃殿下もお召しになった皇室献上作品を数多く手掛ける 京手描き友禅の雄である藤井寛氏による最上級の色打掛です。描かれているのは、京都市上京区の日蓮宗法音寺京都別院・法輪寺本堂に藤井氏が奉納した28枚にも及ぶ手描き友禅の天井画と同じもので、繊細に描かれた四季折々の花々、果実などを打ち掛け全体に配しました。日本有数の産地・丹後にて総絵羽(そうえば)で織り上げた生地に、藤井氏の工房で手描き友禅を差して生み出され、鮮やかで清明な色彩美と縫い取りの箔のきらめきが上品に溶け合った最高級の逸品となっています。

また、セットでお貸し出しするミキモト製の本鼈甲かんざしは 松竹梅に戯れる夫婦鶴の正統派デザインで、美しい細工の銘品です。飴色に輝く鼈甲は日本の伝統を守る花嫁に相応しい髪飾りで、亀の甲羅を使用している鼈甲のかんざしは、「亀は万年」に掛けてこの縁が末永く続きますようにという祈りが込められているとも謂われ、とても縁起の良いものとされています。

プランでご利用いただける神前挙式会場の神殿<高砂>は、檜の香る和モダンで格式ある式場として人気を得ています。室町時代に起源のある熊野神社に神職を託す格式のある式場では、雅楽の生演奏にて清々しく厳かな挙式が叶います。


■ 開業45周年記念婚礼和装プラン 「なでしこの粋」
【1日1組限定】

期間: 4月1日(金)~2017年3月31日(金)
料金: 810,000円 ※サービス料・税金込
内容:
◆京友禅作家 藤井寛氏による手描き友禅
「雲取天井格子」花嫁衣裳
◆ミキモト製の最上級 本鼈甲かんざし
神前挙式料/新郎紋服1点/美容・着付/介添料/スタジオ写真/サービス料/税金


お問合せ・ご予約/0120-881-885【宴会部 ウエディング直通】


■本件に関するお問合わせ先
株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報  斎藤 潤子・ 石川 綾子 ・ 佐藤 亜紀
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
リンク


■関連リンク
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。