logo

社会保険・雇用保険の手続きを自動化する「SmartHR」がEast Ventures、DGインキュベーション、BEENEXTから資金調達を実施

株式会社KUFU 2016年01月27日 08時00分
From PR TIMES

~ 開発およびサポート体制を強化。あわせて「社労士法人スマートエイチアール」の設立も発表 ~

 株式会社KUFU(東京都港区、代表取締役 宮田昇始)は、East Ventures及びDGインキュベーション、BEENEXTの3社を引受先とする第三者割当増資資を実施したことをお知らせいたします。今回調達した資金は、SmartHRの開発体制の強化およびサポート体制の強化に用いる予定です。あわせてSmartHR運営メンバーである社会保険労務士 海野慶子が「社会労務士法人スマートエイチアール」を設立したことをお知らせいたします。



[画像: リンク ]



■ SmartHRとは?

SmartHR は企業が行う社会保険・雇用保険の手続きを自動化します。従業員情報を入力するだけで必要書類を自動作成、総務省が提供する電子政府「e-Gov」の外部連携APIと連携し、Web上から役所への申請も可能となります(Web申請機能は今冬提供開始予定。総務省の最終試験は合格済)。マイナンバーの収集・管理にも対応。煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から、経営者や人事担当者を開放します。現在、450社を越える企業に利用されています。


SmartHR(スマートエイチアール) リンク


■ 社労士法人の設立

「SmartHR」の運営メンバーでもある社会保険労務士 海野慶子を代表社員とする「社会保険労務士法人スマートエイチアール」が設立されました。社会保険労務士の視点からSmartHRの導入をサポートし、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から、経営者や人事担当者を開放していきます。

また、両社で協力してSmartHRの改善を図っていく他、今後は社会保険労務士向け機能の提供等も予定しております。


■ 今後の展開

今後は、対応する手続きの拡充や、人事情報管理システムの強化を行っていきます。今冬には「Webから役所へ申請」機能の公開も予定しており、労務手続き・労務管理の自動化を実現していきます。利用社数は2016年内に3,000社、2017年内には20,000社を目指します。また、社会保険労務士向け機能の提供も予定しており、社会保険労務士が抱える課題解決にも踏み込んでいきます。
経営者は経営に、人事担当者は採用や制度づくりに集中でき、従業員はよりよい環境で安心して働くことができる。そのような社会を、私達は SmartHR で実現します。


■ 会社概要

社 名: 株式会社KUFU(クフ)
所在地: 東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台 601
代表者: 代表取締役 宮田 昇始
設 立: 2013年1月23日
事業内容: SmartHR の企画・開発・運営

社 名: 社会保険労務士法人スマートエイチアール
所在地: 東京都港区麻布台1-4-3 エグゼクティブタワー麻布台 601
代表者: 社会保険労務士 海野慶子
設 立: 2016年1月4日



■ 受賞歴
・TechCrunch Tokyo 2015 最優秀賞(2015年11月)
・Open Network Lab 第10期 DemoDay 最優秀賞(2015年4月)


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。