logo

Gift of Life Donor Programが米国で最大の臓器移植調整を実現

Gift of Life Donor Program 2016年01月26日 14時52分
From 共同通信PRワイヤー

Gift of Life Donor Programが米国で最大の臓器移植調整を実現

AsiaNet 63221(0101)

【フィラデルフィア(米ペンシルベニア州)2016年1月26日PR Newswire =共同通信JBN】米ペンシルベニア州東半分、ニュージャージー州南部、デラウエア州(ペンシルベニア・フィラデルフィアを基点として)に役立つ非営利・連邦政府指定の臓器調達機関(OPO)であるGift of Life Donor Programは、483人の当該地域ドナーから提供された救命目的の贈り物(臓器)で1291回の臓器移植の調整に成功して、8年連続米国の有力なOPOとなっている。Gift of Lifeは2013年と2014年に達したその全国記録447人の臓器ドナーの記録を超えた。米国のその他地域からは352件の臓器移植が調整され、移植が行われた臓器の数は1643に達した。これは米国でOPOによってこれまでアレンジされた最大数の臓器である。

Gift of Lifeはまた、2546人の個人から組織を回収して、骨折を修復し、切断手術を防ぐ目的の骨組織提供、やけどした患者を治療する皮膚提供、損傷修復目的の心臓弁膜提供を含めて最高10万人に役立った。この中には2265人からの角膜提供が含まれ、移植者に視力回復の贈り物となった。

Gift of Lifeのハワード・M・ネイサン会長兼CEOは「最大の救命につながった臓器ドナーを調整した全国リーダーになることは、大きな偉業である。われわれは臓器提供を選択したドナーとその家族の寛容の精神、さらに地域医療プロフェッショナルの専門知識と奉仕の精神と移植センターと救急救命指定病院の厚い協力に対し謝意を表明する」と語った。

臓器提供教育のグローバルリーダーであるGift of Life Instituteを通じて、Gift of Lifeの国際的な影響力は2015年に顕著となった。Gift of Life Instituteは米国および海外の1100人余りの臓器提供プロフェッショナルに対して、インストラクター指導のクラス、バーチャルクラスルーム・トレーニング、eラーニングを通じて家族との話し合い、許認可、病院育成の教育を施した。2004年以来、同機関は37カ国の8000人余りのプロフェッショナルを訓練した。

Gift of Life Instituteは臓器と組織移植教育の傑出したリソースとなった。その結果、多くの国がGift of Lifeのモデルに基づくOPOを設立した。ネイサン会長は「各国が臓器提供手続きを確立し、向上するのがわれわれの責務であると考える。私はGift of Lifeのモデルを共有し、われわれの事業が成功するような要素を教育していきたい。有効なシステムを設立し、われわれの最善の医療行為を他の人々に教育するよう支援することによって、われわれはより多くの生命を救う手だてを提供していく」と語った。Gift of Lifeのアプローチは、それぞれの文化の感受性に合わせ、思いやりがあり提供者の気持ちを尊敬するやり方で臓器提供について家族と話し合い、この1年半にわたりオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、インド、日本、韓国、メキシコ、サウジアラビアなどの個人と組織を効果的に教育する機関を確実に支援してきた。

Gift of Lifeは1974年以来、4万以上の臓器移植と推計60万の組織移植を調整してきた。Gift of Lifeのサービスが及ぶ地域はほぼ1100万人の人々であり、2015年に同組織は100万人の人口当たり44人余りの臓器ドナーの理解を得て、世界で最高位にランクされている。さらに詳しい情報はリンク を参照。

ソース:Gift of Life Donor Program

▽問い合わせ先
John Green
+1-215-808-6495
jgreen@donors1.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事