logo

96Boards CEの新しいメザニン・ボード規格に準拠したSTM32と各種センサ搭載小型拡張ボードを発表

STマイクロエレクトロニクス 2016年01月25日 09時20分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、スマート・モバイル機器、組込みシステム、およびデジタル家電の開発を簡略化する96Boards Consumer Edition(CE)プラットフォーム向けに、32bitマイクロコントローラ STM32を搭載した小型拡張ボードのサンプル出荷を開始したことを発表しました。

市場で初めて96Boards CEの小型メザニン・ボード規格に準拠したボードであるB-F446E-96B01Aは、センサを使用したコンテキスト・アウェアネス機能の開発を簡略化します。同ボードは、ARM(R) Cortex(R)-M4Fを搭載したSTの高性能かつ低消費電力の32bitマイコンSTM32F446と高機能なペリフェラルに加え、加速度センサ、地磁気センサ、ジャイロ・センサ、大気圧センサおよびMEMSマイクロフォンを搭載しています。また、共通プラットフォームのArduino UnoやSeeedstudio Groveコネクタが、これらの開発エコシステムのボードまたはモジュールを使用した機能拡張を簡略化します。機能拡張には、光センサ、湿度センサ、無線通信インタフェース、ユーザ・インタフェース・デバイスなどが含まれます。

96Boards CE規格は、小型演算ボードのフォーム・ファクタ(1)、基本I/O(WiFi、BLE、USB、MicroSD、HDMIなど)、および標準化されたコネクタ位置を定めることで、ARM Cortex-AプロセッサおよびLinuxオペレーティング・システム(Androidを含む)をベースとした製品の開発効率を高めます。同規格は、低速および高速のペリフェラル・コネクタも標準化するため、STのB-F446E-96B01A等のメザニン・ボードによる機能追加を可能にします。

B-F446E-96B01Aを利用する開発者は、市場実績もあり使いやすいSTのSTM32 Nucleoボードと同じ開発エコシステムを使用することができます。これにより、初期化コード・ジェネレータ「STM32CubeMX」を含むリソースや、アプリケーション・コード・サンプル、ソフトウェア・スニペット、およびハードウェアAPIを活用することができます。B-F446E-96B01Aには、Flashメモリへのプログラムのドラッグ・アンド・ドロップ書き込みを可能にするST-LINKデバッガが搭載されており、個別のデバッグ・プローブを用意する必要はありません。また、ARM-mbed(R)オンライン・ツールに直接アクセスできるため、開発環境のインストールが不要となり、すぐに開発を始めることができます。

B-F446E-96B01Aは現在サンプル出荷中で、2016年第2四半期に提供が開始される予定です。

詳細については、 リンク およびリンク をご覧ください。

(1) 96Boards CEの標準サイズは85 x 54 x 12mmです。また、拡張サイズは85 x 100 x 12mmです。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2014年の売上は74.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。