logo

日本文学の不朽の名作、三浦綾子『氷点』の電子書籍合本版『氷点シリーズ 全4冊合本版』刊行! 合わせて『海嶺』『銃口』の電子書籍合本版も登場!!

三浦綾子の名作『氷点』『海嶺』『銃口』、3作それぞれの電子書籍合本版が刊行となりました。



[画像1: リンク ]

不朽の名作を電子書籍で一気読み。三浦文学の最高峰『氷点』。シリーズ全4点『氷点』(上)(下)『続 氷点』(上)(下)の電子書籍が1冊の合本版になりました。また、同三浦綾子の著書『海嶺』(上)(中)(下)『銃口』(上)(下)も同時に合本版が刊行されました。

─『氷点』─

辻口病院長夫人・夏枝が青年医師・村井と逢い引きしている間に、3歳の娘ルリ子は殺害された。「汝の敵を愛せよ」という聖書の教えと妻への復讐心から、辻口は極秘に犯人の娘・陽子を養子に迎える。何も知らない夏枝と長男・徹に愛され、すくすくと育つ陽子。やがて、辻口の行いに気づくことになった夏枝は、激しい憎しみと苦しさから、陽子の喉に手をかけた――。愛と罪と赦しをテーマにした著者の代表作であるロングセラー。

これまで何度もテレビドラマや映画化になった、時代を超えた名作。過去に陽子役を安田道代、末永遥、石原さとみらが、夏江役を若尾文子、浅野ゆう子、飯島直子らが熱演。またお隣の韓国でもリメイクされている。
[画像2: リンク ]

─『続 氷点』─
自分が辻口家を不幸にした殺人犯の子であるとして、自殺をはかった陽子。一命をとりとめ、父・啓造や母・夏枝からすべてを謝罪されたが、自分が不倫の末の子であったという事実は潔癖な陽子を苦しめた。陽子は実母・恵子への憎しみを募らせていく。一方、兄・徹はその恵子に会い、彼女なりの苦しみを知ることになる――。大ベストセラー『氷点』のその後、“真実”を前に苦悩する人々を描いた珠玉のドラマ。

─『海嶺』─

[画像3: リンク ]

知多半島にある小野浦から、千石船宝順丸が出航したのは天保三年(1982年)のことであった。乗組員は船頭、重右衛門、舵取岩松、そして炊の久吉、音吉ら十四名である。だが彼らは江戸にむかう途中、遠州灘ではげしい嵐にあい難破してしまう。一年二か月後、奇蹟的に生き残った豪胆な岩松、明朗活発な久吉、優しい心の音吉の三人は北アメリカに漂着する。が、彼らには想像を越えた数奇な運命が待っていた! 生きていくことは何かを問う、魂を揺さぶる時代巨編。

─『銃口』─

[画像4: リンク ]

「どうしたらよいか迷った時は、自分の損になる方を選ぶといい」小学校の担任坂部の信念と優しさに強い影響を受けた北森竜太は、タコ部屋の朝鮮人労働者を匿う温かい家庭で成長し、昭和12年に教師になった。炭鉱町の小学校で「綴り方」の授業を推進するなど教育の理想を目指す竜太のもとに、言論統制の暗い影が忍びよる――。戦争に突入する昭和10年代の事件と世相を背景に、青年教師の愛と苦悩を描いた感動大作。

KADOKAWAの三浦綾子 電子書籍
『氷点シリーズ 全4冊合本版』(『氷点』(上)(下)『続 氷点』(上)(下))希望小売価格2,200円(+税)
『海嶺 全3冊合本版』(『海嶺』(上)(中)(下))希望小売価格1,700円(+税)
『銃口 上下合本版』(『銃口』(上)(下))希望小売価格1,100円(+税)

電子合本版は購入の手間も省け、また電子書籍の特性を最大限に活かした「大ボリュームでも持ち運びが便利」な商品です。電子書籍はぜひ便利なKADOKAWA電子合本版をお求めください。

ご購入は以下の電子書店で。
・BOOK☆WALKER
リンク (TOP)
リンク (『氷点 合本版』)

・Amazon Kindleストア
リンク (TOP)
リンク (『氷点 合本版』)

・eBookJapan
リンク (TOP)
リンク (『氷点 合本版』)

・紀伊國屋書店Kinoppy
リンク
リンク (『氷点 合本版』)

・BookLive!
リンク (TOP)
リンク (『氷点 合本版』)

・honto
リンク (TOP)
リンク (『氷点 合本版』)

・楽天kobo電子書籍ストア
リンク  (TOP)
リンク (『氷点 合本版』)

・Reader Store
リンク (TOP)
リンク (『氷点 合本版』)

(五十音順)※上記以外での電子書店でも購入できます)

KADOKAWA電子書籍の情報はこちら >> KADOKAWA 電子書籍 リンク
KADOKAWA 電子書籍のtwitterはこちら >> @KADOKAWA_denshi

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事