logo

訪日外国人旅行者向け音声通話付きプリペイドSIMカードを全国のテレコムスクエア空港カウンターにて発売

モバイル通信機器レンタルサービスの株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は、海外から日本を訪れる旅行者が音声通話およびインターネットを利用できるSIMカード「Wi-Ho!(R) Data&Voice Prepaid SIM カード」を、2016年1月20日(水)より新千歳空港、成田空港、羽田空港、関西空港、福岡空港にて発売いたします。



[画像1: リンク ]

日本政府観光局(JNTO)によると、2015 年の訪日外国人客数は1,974 万人となり※1、前年を47%上回る過去最高を更新しました。
訪日外国人旅行者が滞在中に利用したい通信手段として、無料公衆無線LANに次いでSIMカードの購入を挙げています。ただし、訪日前にはSIMカードの利用意向が28.6%あるのに対し、実際の利用は13.2%に留まっています※2。
これらの課題に対して、当社は通信環境の整備が必要と考え、音声通話付きプリペイドSIMカード 「Wi-Ho!(R) Data&Voice Prepaid SIM カード」の提供を開始いたしました。


[画像2: リンク ]



日本ではこれまでデータ通信専用のSIMカードは多くの事業者が取り扱っておりますが、音声通話のできる短期滞在者向けのSIMカードの販売は限られていました。音声通話付きSIMカードを取り扱う業者は、携帯電話不正利用防止法の順守が義務付けられており、専門性が求められる商品です。当社はモバイル通信機器を提供してきた実績を活かし、全国に展開しているカウンターにて販売することといたしました。
また訪日外国人旅行者は、日本滞在中に自国の家族、友人、会社と電話で連絡を行うことができないという問題がありますが、当社商品をご利用いただくことで解消されます。
本SIMカードは、マイクロとナノの2サイズをご用意しています。また、プランは1GBで5,500円、3GBで7,500円となっています。
まずは当社空港カウンターでの取り扱いを開始し、今後はより訪日旅行者にとって購入しやすい販路を拡充していく予定です。

※1 参考:日本政府観光局(JNTO) 訪日外国人客数(推計値) 2016年1月19日発表
※2 参考:平成26年度観光庁調査


■商品概要
・価格 : 1GB 5,500円(税込) 3GB 7,500円(税込)
・SIM種類 : nano / micro
・音声通話: 国内通話 1通話10分以内ならかけ放題、
国際通話 300円分の無料通話付き(コンビニエンスストアでリチャージ可能)
・通訳 : 英語、中国語、韓国語の通訳が3回まで無料
・有効期限: 販売日を含む15日間

■販売場所
新千歳空港
・国際線 旅客ターミナルビル2階サービスカウンター 「モバイルセンター 新千歳空港」
成田空港
・第一旅客ターミナル地下コンコース 「モバイルセンター成田第一」
・第1ターミナル1F 到着ロビー
・成田空港第2ターミナル地下1階 「モバイルセンター成田第二」
・第2ターミナル1F 到着ロビー
・成田国際空港第3旅客ターミナルビル本館2階 「モバイルセンター成田第三」
羽田空港
・国際線ターミナル2F 「モバイルセンター羽田空港」
関西空港
・1番ターミナルビル1階 「モバイルセンター関西空港」
福岡空港
・国際線ターミナル1F 到着ロビー

詳しくは当社サイトをご覧ください
リンク


■会社概要
テレコムスクエアは24年にわたり、世界のモバイル通信機器をレンタルしています。年間約50万人という、業界で最も多くの方にご利用いただいている老舗です。新千歳・成田・羽田・関西・中部・福岡・高松空港に全17カ所の店舗・カウンター、24時間365日対応のサポートセンター、Pマーク取得の成田オペレーションセンターを、総勢300名の自社スタッフにより運営しています。

社名:株式会社テレコムスクエア
代表者:代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社:〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル
従業員:281人(2015年4月1日現在)
設立:1974年(昭和49年)3月28日
事業内容:情報通信機器のレンタル・販売・コンサルティング

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事