logo

新バックアップサービス「DR-Σ」を標準提供 クラウドメールサービス「 CYBERMAILΣ 」

多拠点をクロスさせたリアルタイムアーカイブでEメールシステムを万全に

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、企業が求めるクラウドメールサービスのデータ保全対策として、新手法「DR-Σ」をクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」(サイバーメールシグマ)に標準提供及び2016年1月20日より順次適用することを発表します。



現在提供されているクラウドサービスの多くは、強固なデータセンターにて、冗長化されたシステム環境で運営され、論理的には停止することがない設計になっています。しかし、実際は、多くのサービスで、長時間に渡るシステムダウンや、データロストも発生しています。また、想定を超える大規模災害時等では、冗長化システムの停止も想定されます。その場合、通常のバックアップでは一部データ消失、及び、長時間に渡りデータ復旧ができない可能性が高く、特に、リアルタイム性を求められるメールシステムでは実はあまり有効とは言い切れず、多大なる損害を招くことになります。とはいえ、多拠点におけるリアルタイムでの二重化等は、低価格で提供を求められるクラウドサービスで採算を合わせることは大きな課題であり、厳密に対応していくのは難しいのが現実です。
そこで、実際の運用上現実的に必要とする“メールシステムのデータ保全”を、当社だから実現できる手法にて提供いたします。

新バックアップサービス 「DR-Σ」 特長


国内メーカーシェアTOPのメールアーカイブシステム「MAILBASE」を利用した多拠点によるメールデータリアルタイムアーカイブ(全顧客一定期間全データ保存)
ダウン寸前のメール送受信データまで消えない
直近1カ月のメールを早期復旧することで、業務への支障を最低限へ 1カ月以上前のデータは順次復旧へ
クラウド型BCP対策待機系メールサービス「EMERGENCY Σ」のノウハウで、即時DRサイトへの切替


[画像1: リンク ]



MAILBASE(メールベース)リンク
CYBERMAIL Σ(サイバーメールシグマ)リンク
EMERGENCY Σ(エマージェンシーシグマ)リンク


今後もサイバーソリューションズは、日本企業の独自のニーズに柔軟に対応して、いつでも安心して利用できるメールシステムを提供することに注力していきます。
-------------------------------------------------
<サイバーソリューションズについて>
[画像2: リンク ]

サイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。
電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約15,000社以上の企業で利用されている高性能WEBメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績NO.1(※)のメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム「MailGates」を開発、販売しております。平成21年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド型の「CYBERMAIL∑」として提供するサービス事業も開始しました。

日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。(※)富士キメラ総研※「2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より

・会社名: サイバーソリューションズ株式会社
・設立日: 2000年1月
・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売、クラウド/ASP事業、WEBソリューションのコンサルティング及び開発
・HP : リンク
・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8 階
・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860

◇製品やサービス関するお問合わせ
サイバーソリューションズ(株) 営業本部
TEL:03-6809-5850 (sales@cybersolutions.co.jp)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事