logo

赤川次郎氏の作家生活40周年を記念して特設サイトをオープン!株式会社KADOKAWAが刊行する赤川氏の全作品を一挙公開!!

 株式会社KADOKAWAは、赤川次郎氏の作家生活40周年を記念した「赤川次郎作家生活40周年特設サイト」および赤川氏の「著者アーカイブ」を公開しました。今年も新刊が続々と発表される魅力満載の赤川次郎ワールドを是非この機会に堪能してください!!



[画像1: リンク ]

 株式会社KADOKAWAは、赤川次郎氏の作家生活40周年を記念した「赤川次郎作家生活40周年特設サイト」および赤川氏の「著者アーカイブ」を公開しました。赤川氏は1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビューし、瞬く間に著作作が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズほか、『セーラー服と機関銃』や『ふたり』など著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。日本を代表する作家の一人として、現在でも活躍の場を広げられています。「赤川次郎作家生活40周年特設サイト」では作品に関わる最新ニュース、赤川氏の「著者アーカイブ」ではKADOKAWAから刊行の赤川氏の全作品を紹介しています。
 40年を経ても、その世界観がまったく色あせない赤川次郎氏から目が離せない!!ファンの皆様も、今までの読んだことがない方も今すぐアクセス!運命の本が見つかるかも!?この機会に是非、赤川次郎ワールドを堪能してください。
■「赤川次郎作家生活40周年特設サイト」
リンク
■赤川次郎氏の「著者アーカイブページ」
リンク
[画像2: リンク ]


■「赤川だるま」
 赤川氏の作家生活40周年を記念して「赤川だるま」が誕生!赤川氏の原作で3月5日より全国で公開される映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』のロケ地、群馬県高崎市の名物である「高崎だるま(R)」(※下記、参照)にあやかり赤川氏を模したデザインのだるまです。この「赤川だるま」はアイコンとして、「赤川次郎作家生活40周年特設サイト」や赤川氏の刊行される著作の帯などに展開します。


※「高崎だるま(R)」
群馬県高崎市豊岡・八幡地域を中心に、張り子のだるまづくりが始まったのは、今から200年以上も前のこと。
眉毛は鶴、鼻から口ヒゲは亀縁起の良い二つの動物をお顔に表現した高崎だるま。別名「福だるま」「縁起だるま」とも呼ばれています。群馬県達磨製造協同組合 リンク

■「赤川次郎フェア」開催!
▼1月25日に書店にて開催します。おすすめ作品をピックアップしました。
リンク
[画像3: リンク ]



▼「セーラー服と機関銃」シリーズ最新巻発売!
『セーラー服と機関銃3 疾走』
1月25日(月)に、同シリーズの映画に主演の橋本環奈さんの写真を使用した表紙で発売します。
リンク


■赤川次郎プロフィール
赤川次郎(あかがわじろう)
1948年、福岡県出身。1976年「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。
1981年に「セーラー服と機関銃」の公開以降、「探偵物語」「早春物語」「ふたり」「あした」「死者の学園祭」など多数の作品が映画化。「三毛猫ホームズ」シリーズや「幽霊」シリーズ、「鼠」シリーズなど、多数の作品がテレビドラマ化。ほか、『赤いこうもり傘』『孤独な週末』『ポイズン 毒―POISON―』『怪談人恋坂』『幽霊の径』など続々とベストセラーを刊行し、著作は580作を超える。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年1月には、星泉の娘が主人公の『セーラー服と機関銃3 疾走』を発売する。
[画像4: リンク ]



■映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』
3月5日(土) 全国ロードショー!
主演:橋本環奈
監督:前田弘二 『夫婦フーフー日記映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』』『婚前特急』
脚本:高田亮 『そこのみにて光り輝く』
『銀の匙 Silver Spoon』
原作:赤川次郎 「セーラー服と機関銃・その後─卒業─」
(角川文庫)
主題歌:橋本環奈「セーラー服と機関銃」
(YM3D/YOSHIMOTO R and C)
配給:KADOKAWA
公式HP:sk-movie.jp
公式Twitter:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。