logo

公式Facebookでファン数10万人突破を記念し支援企業の協賛によるプレゼントキャンペーンを開始:子ども支援の国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 2016年01月15日 11時00分
From PR TIMES

子ども支援専門の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(本部:東京都千代田区、理事長:深田宏 / 専務理事・事務局長:千賀邦夫)は、2015年12月に公式Facebookページにおいて、ファン数が10万人を突破したことを記念し、ファンの方への日頃の感謝を込めて、活動を支えてくれている支援企業の協賛によるプレゼントキャンペーンを実施いたします。今回のキャンペーンは、寄付付き商品についても多くの方に知っていただくことを目的としています。



[画像1: リンク ]


[表1: リンク ]



カシウエアの「ベビータオル2枚組 for SCJ」5名様
[画像2: リンク ]
銀座日新堂の「セーブ・ザ・チルドレン腕時計」5名様
[画像3: リンク ]

サラヤの無添加せっけん&天然ハーブの「arau.シリーズセット」10名様
[画像4: リンク ]


ストライダーの「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン モデル」1名様
[画像5: リンク ]

タリーズコーヒーの「タリーズジップス シングルサーブデカフェ エチオピアモカ」5名様
[画像6: リンク ]


[表2: リンク ]



【Facebookページ】リンク
【キャンペーン詳細URL】リンク

<セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのFacebookについて>
2011年3月にページを開設して以来、支援者やファンの皆さんとのコミュニケーションを通して、世界で子どもの権利を実現するという活動のミッション・ビジョンを共有してまいりました。また、紛争の犠牲になっているシリアやガザの子どもたちのための署名活動や、子どもの命を守るためのシェア募金キャンペーンなどを通して、ファンの方も支援に参加できる取り組みなども実施し、多くの皆さまに応援していただけるページとなりました。

<セーブ・ザ・チルドレン、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン概要>
1919年に英国にて設立。子ども支援の世界的リーダーとして、現在約120の国と地域で、すべての子どもにとって「生きる・育つ・守られる・参加する」子どもの権利が実現されている世界を目指して活動する国際NGO。国連の経済社会理事会(ECOSOC)の最高資格である総合諮問資格(General Consultative Status)を取得しています。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは日本のパートナーとして1986年に設立されました。

プレスリリースはこちらからダウンロードしていただけます
リンク



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事