logo

ATEN社 レスポンス速度2倍、IP-KVMスイッチの第4世代モデル販売開始

~既存モデルより画質・レスポンス・セキュリティを大幅に改良し、操作性が更に向上~

KVMスイッチ、映像管理、エネルギー管理のリーディングプロバイダーであるATEN(エイテン)ジャパン株式会社(本社:東京都荒川区、以下ATEN)は、高性能バーチャルメディア対応IP-KVMスイッチの第4世代モデルとなる、KN4164v(リモート4ユーザー、64ポート)、KN8132v(リモート8ユーザー、32ポート)、およびKN8164v(リモート8ユーザー、64ポート)の3機種を1月5日より販売開始いたしました。

昨今の映像やデータの処理速度に対する要望が高まる中で、従来機種では対応しきれない場面も出てくるようになったことを受け、本モデル(KN4164v/KN8132v/KN8164v)では、これまでのリモートアクセス機能に加え、高解像度(1,920×1,200)対応、バーチャルメディア転送速度を従来機種より2倍速くし、セキュリティでは米国連邦標準規格FIPS 140-2 Level 1準拠と、画質・レスポンス・セキュリティを大幅に改良しました。本モデルは、データセンターに限らず、大容量の映像データを多用する放送業界やポストプロダクション、製造業やセキュリティが特に重視される金融業界での使用に最適です。

導入メリット 
1.ローカルとリモートの両方で、高解像度(1,920×1,200@60Hz、24-bit色深度)出力が可能
FPGAグラフィックプロセッサー搭載で、リモート側でもローカル側と同等の画質表示を実現。スムーズで遅延の少ない動画再生やシャープで鮮明な静止画像出力ができるため、特に、放送業界やポストプロダクションのような映像データをリモートでも多用するような場所に、本機能が役に立ちます。


2.バーチャルメディア転送にかかる時間を従来製品の1/2に短縮
バーチャルメディア転送速度を従来機種の2倍の速さに改良。例えば、この機能を利用して、ITの運用やメンテナンスに欠かせないソフトウェアへのパッチ適用作業時間を約1/2に短縮でき、作業効率を上げることができます。


3.強固なセキュリティ対策
米国連邦標準規格FIPS 140-2 Level 1準拠。データの機密性や完全性が守られるので、特に情報のセキュリティが重要視される金融業界での導入に最適です。

 
製品型番 製品名
KN4164v リモート4ユーザー64ポートIP-KVMスイッチ
KN8132v リモート8ユーザー32ポートIP-KVMスイッチ
KN8164v リモート4ユーザー64ポートIP-KVMスイッチ

標準価格:オープン価格

出荷開始日:2016年1月5日

このプレスリリースの付帯情報

KN8164v (フロントパネル)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事