logo

未来の通信技術を大公開!最新技術も実体験「dスタジオ ニッポンの未来大予想スペシャル!」

株式会社ニッポン放送が制作し、株式会社NTTドコモの協力でお送りしているニコニコ生放送番組「吉田尚記dスタジオ supported by docomo」。2016年初回の1月14日(木)は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて研究の進んでいる「ニッポンの最先端通信技術」をテーマにお送りします。ゲストには空想科学研究所主任研究員・柳田理科雄さんをお呼びし、ニッポンの未来を大胆予想!また「THE IDOLM@STER」の声優として大人気の中村繪里子さんもスタジオに登場、柳田さんと一緒に未来を予想していただきます。最先端の通信技術を研究しているNTT横須賀研究開発センターから見えてくるニッポンの未来とは?既に実用化されている商品のスタジオ実演もあり!ドコモからも注目のクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」が登場します!



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

「吉田尚記dスタジオ supported by docomo」は、ニッポン放送が制作するニコニコの公式生放送で、NTTドコモの協力のもと、2015年4月23日(木)から放送しています。

「もうスマホなしでは生きていけない!」と豪語するほどスマホ好きなニッポン放送・吉田尚記アナウンサーがNTTドコモの提供する多彩で便利なサービスを駆使し、楽しいゲストと”ゆる~いネタ”で、毎日にワクワクと驚き・感動を与えるヒントを提供していくことをコンセプトにしています。また、特に面白かった部分を抽出し、後日ラジオ地上波でも全国に向けてオンエアしています。

2016年初回の放送となる1月14日(木)は、「ニッポンの最先端通信技術」がテーマ!今、日本中の通信技術が集約していると話題の「NTT横須賀研究開発センター」潜入取材映像をお見せします。「全天球カメラ」、「自由視点カメラ」、「選手の今を伝える技術」、「Kirari!」…想像を超えた未来の研究を大公開。また、既に実用化されている商品、騒音下でも綺麗に狙った声を収録できる技術「インテリジェントマイク」、色々なタイプの合成音声が作れる技術「ユーザーデザイン音声合成」を実際にスタジオで実演します。これを見れば、あなたも未来が楽しみになること間違いありません!

ゲストには、ベストセラー「空想科学読本」の著者で空想科学研究所主任研究員の柳田理科雄さんをお呼びし、ニッポンの未来を大胆予想します。またニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」でもお馴染みで「THE IDOLM@STER」の声優として大人気の中村繪里子さんもスタジオに登場します。

番組後半は、クラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」が登場!世界で初めてドコモ独自開発の「自然対話プラットフォーム」を活用した、人と自然な会話が楽しめるロボットです。スタジオで魅力をたっぷりご紹介します。

「吉田尚記dスタジオ」は、今注目のNTTドコモの新機種やサービスの魅力を、今回の放送でもニコニコ生放送ならではの楽しい企画と切り口で、ニコニコ生放送視聴者やラジオリスナーに伝えます。

■吉田尚記 プロフィール
デジタル・アニメをはじめサブカルチャーに精通するニッポン放送アナウンサー。フジテレビ「アフロの変」へのレギュラー出演や、自身2作目の著書「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」(太田出版/2015年1月31日発売)が10万部を越えるヒット作になるなど、その活動はラジオの世界にとどまらない。Twitterフォロワー数は13万人を突破。

[画像3: リンク ]

■番組概要
1.ニコニコ生放送
<タイトル> 吉田尚記dスタジオ supported by docomo
<放送時間> 隔週 木曜日 20時~21時予定
<出演> パーソナリティ 吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

2.ラジオ放送
<タイトル> オールナイトニッポン MUSIC10 吉田尚記dスタジオ
<放送時間> 毎週 月曜日~木曜日 23時50分~23時58分
<放送局> ニッポン放送をキーステーションに全国19局ネット

3.WEB・SNS展開
<YouTube> 公式チャンネル リンク
<twitter> 公式twitterアカウント「吉田尚記dスタジオ」 @yoshida_dstudio
<Facebook> 公式Facebookページ リンク

■1月14日(木)概要
<放送日時> 2016年1月14日(木) 20時~21時予定
<放送場所> ニッポン放送  イマジンスタジオ
<出演> パーソナリティ 吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
         アシスタント 真鍋摩緒
        ゲスト     柳田理科雄/中村繪里子

<ニコニコ配信URL> リンク

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。