logo

株式会社ロックオン、アドエビスをバージョンアップし、デバイス別の広告分析を行う事ができる「デバイス別分析機能」を標準搭載。



株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下、ロックオン)は、ロックオンが提供するマーケティングプラットフォーム アドエビスにデバイス※別の広告分析を行う事ができる「デバイス別分析機能」を標準搭載したことを2016年1月12日に発表いたします。
本機能が搭載されることにより、ユーザーは「手間なく・正確に」デバイス別の正しい広告効果を把握することができ、デバイス別に最適な広告出稿が行えるようになります。また、本機能はアドエビス内の広告測定サービス「ADエビス」の機能として標準搭載され、既存ユーザーは、特別な申込みや設定、さらに追加費用なしでお使いいただくことが可能です。

「デバイス別分析機能」の詳細はこちら:リンク

※デバイス:PC・スマートフォン・タブレット・モバイル


■サービスの概要
「デバイス別分析機能」では以下のことが可能です。
---------------------------------------------------
1. デバイス別広告効果の把握
---------------------------------------------------
[画像1: リンク ]

出稿した広告における、媒体別・デバイス別のクリック率やコンバージョンの違いを一目で確認することができるため、媒体×デバイスのどの組み合わせが有効であったかどうかを判断し、広告出稿を改善することができます。また、Eコマースサイトの場合は、売上金額における費用対効果もデバイス別に評価が行え、利益率向上に貢献します。

---------------------------------------------------
2. デバイス別ユーザー行動変化の把握
---------------------------------------------------
[画像2: リンク ]

コンバージョンした時間をデバイス別に比較することができます。例えば昼間はスマートフォンユーザーが多く、夜はPCユーザーが多いなどの傾向が把握でき、時間帯別、デバイス別で最適な広告配信を行うことが可能になります。

■「アドエビス」について
「アドエビス」は、広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の2つの機能により、企業と消費者のコミュニケーションを最適化することを目的とした、ロックオンが開発・提供するマーケティングプラットフォームです。

■関連サイトURL
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」:リンク
「ADエビス」機能紹介ページ:リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
九州支社:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通ビル
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:リンク
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事