logo

ハードディスクの専門医『Dr.データ復旧』が年頭にあたり今年のテーマ「国境を超えてデータを復旧せよ!」を発表

Data Recovery Technology株式会社 2016年01月08日 20時20分
From PR TIMES

2016年のテーマは「国境を超えて、データを復旧せよ!」

データリカバリーテクノロジー株式会社(ブランド名称:Dr.データ復旧・東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル4階・代表取締役:江智雄)は、年頭にあたり日本市場における2016年のテーマを「国境を超えてデータを復旧せよ!」と定め、発表いたしました。



[画像1: リンク ]

『Dr.データ復旧』公式HP:リンク

Dr.データ復旧は、台湾において30年近く、トップレベルのデータ復旧専門サービスを提供しております。日本においては、東京都心でハードディスク製造工場と同レベルのClass100クリーンルームを設置し、データ復旧に不可欠な機材と技術を備えています。「ハードディスクの専門医」を理念とし、お客様のかけがえのない大切なデータに医師のように向き合う真剣な姿勢と卓越した技術で、これまで多くのデータを救ってまいりました。

[画像2: リンク ]



年頭にあたり、当社代表取締役 江智雄は2016年のテーマを「国境を超えてデータを復旧せよ!」といたしました。

大切なデータは国境に関係なく存在すると考え、弊社の30年近く培ってきた技術を活かします。

惜しくも、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震にともなう東日本大震災発生の際にはまだ日本支社がなかったため、義捐金という形でしか応援することができませんでしたが、もっと早く、もっと直接的に日本の被災者の皆様のために貢献できたのではないか深く反省し、結果的にその教訓が日本進出の後押しともなりました。


[画像3: リンク ]

実は当社の本社がある台湾でも次のような事例があり、平時・災害時を問わずデータ復旧には国境がないことを痛感したことから表題のようなテーマといたしました。


[画像4: リンク ]




火災によるデータ復旧


[画像5: リンク ]



深夜にお客様から緊急の電話で、火災発生により自動消火装置が作動し、サーバールームにある20台以上のRAIDサーバーは全て動かなくなったとのこと。
焼損や浸水等でサーバーが故障し、業務が完全に停止したため、最短で復旧作業を進めてほしいとの要請を受けました。
深夜2時まで復旧に関する打ち合わせが続き、すぐに作業を開始しました。
お客様の会社運営と信用がかかっている復旧作業でしたので、少しでも損失を減らせるよう、一刻を争う場面でした。
復旧チームは一丸となり、それぞの役割を細かく分担し復旧作業に取りかかりました。
お客様の不安を少しでも取り除けるように、その都度進捗状況を報告し最終的に約5日間で全てのサーバーからデータを取り出しました。お客様の確認では、概ね9割以上のデータは無事だったとの事。


[画像6: リンク ]

このような事例は、洋の東西を問わず、国境に関係なく起こり得ることです。
高度な経済と勤勉な国民性が世界中から評価される日本では、些細なことであっても大変なことになることは私たちにも容易に察しがつきます。
どんな状況であってもお客様の大切なデータのために尽くすことが私たちの使命であり、日本社会に貢献できる道だと考えております。
「国境を超えてデータを復旧せよ!」のDr.データ復旧にお任せください。


【Dr.データ復旧について】
[画像7: リンク ]

台湾のLinwei Technology Ltd.(凌威科技有限公司)として1989年創業、年間3500件以上復旧成功実績を誇る「Dr.データ復旧」
同社はアジア初のデータ復旧会社、多数の官公庁や大手企業様と長年取引しています。
日本進出から半年で、WD社のデータ復旧パートナー(日本では4社目)として認定。
同社はHDD製造現場同レベルのClass100クリーンルームを有楽町オフィスに完備し、お客様のデータを最大限に保障します。

【会社概要】
[画像8: リンク ]

会社名 データリカバリーテクノロジー株式会社
英文表記:Data Recovery Technology LTD.
代表取締役:江智雄
所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル4階
資本金:3000万円
事業内容:データ復旧サービス
フリーダイヤル:0800-800-6722 (受付 08 : 30~23 : 00 年中無休対応 )
FAX:03-6205-7733(24時間対応)
URL:リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者名:渡辺和彦
フリーダイヤル:0800-800-6722
TEL:03-6205-7722
Email:service@datarecoverytech.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。