logo

V・プレミアリーグ所属 バレーボールチーム「JTサンダーズ」がストリートバスケットボールチームとバスケ対決!!「バレーボール vs バスケットボール」

日本たばこ産業株式会社 2016年01月08日 12時00分
From PR TIMES

~WEBムービー 1月8日(金)より公開~

 JTサンダーズ(監督:ヴェセリン・ヴコヴィッチ/所在地:広島市南区)は、JTのバレーボールチームの魅力をより多くの人に知ってもらいたいという想いから、JTサンダーズの選手がストリートバスケットボールチームとバスケットボールで対戦するWEBムービー「バレーボール vs バスケットボール JTサンダーズがストリートバスケチームとバスケで対決!? #Volleyball vs #Basketball」を1月8日(金)より公開します。



[動画: リンク ]



キャプテンの越川選手をはじめとするJTサンダーズの選手たちが、バレーボール選手ならではの「3枚ブロック」「ジャンプアタック」「3段攻撃」などを駆使してストリートバスケットボールチームに挑みます。果たしてどのようなスーパープレイが飛び出るのでしょうか? 普通のバスケとは違う、バレーボールのスゴ技を活かしたスーパープレイを、是非ご覧ください。

[画像1: リンク ]


■バレーボールチームがストリートバスケットボールチームと対戦

[画像2: リンク ]


JTサンダーズが今回対戦したのは、バレーボールチームでは無く、ストリートバスケットボールチーム。公園で見かけたバスケットボールチームに誘われ、サンダーズがバスケに挑みます。

■コート外からジャンプアタックで超ロングシュート

[画像3: リンク ]


まずは試合前、挨拶代わりにコート外からジャンプアタックでゴールを狙うサンダーズの選手たち。越川選手、深津選手がつないだボールを八子選手がスパイクでシュート。見事にゴールに突き刺さります。

■3枚ブロックで相手のシュートをブロック

[画像4: リンク ]

いよいよ試合開始です。不慣れなJTサンダーズ相手にまずはジャンプボールを制したバスケットボールチームが、慣れたパス回しでJTサンダーズの選手たちを交わしていきます。しかし、いざシュートとなった場面でJTサンダーズの選手たちが3枚ブロックで防ぎます。普段体験したことが無い高さのブロックに合い、バスケットボールチームの選手たちも驚きと困惑の表情を浮かべます。

■3段攻撃で華麗なゴール

[画像5: リンク ]


相手の攻撃を防いだ後は、JTサンダーズの反撃が始まります。八子選手が上げたボールを、越川選手がレシーブでトス、最後はレアンドロ選手が強烈なスパイクをゴールに叩き込みます。バレーボールさながらの華麗な3段攻撃で見事にJTサンダーズがゴールを奪います。

■ジャンプボールをそのままスパイクでゴール

[画像6: リンク ]


さらに次はなんと、越川選手がジャンプボールから直接ゴールを狙います。
高い打点から狙い済まされたジャンプアタックによる一撃は、見事にそのままゴールに吸い込まれます。スーパープレイを決めた越川選手はチームメイト達とハイタッチ。普通のバスケとは違ったスーパープレイの連続にギャラリーも驚きと興奮の表情。
このプレイの後も、JTサンダーズとバスケットボールチームの熱い対戦が続いていきます。


■JTサンダーズについて
名称 :JTサンダーズ
事務局:日本たばこ産業株式会社 中国支社内
〒732-0814 広島県広島市南区段原南1-3-53広島イーストビル14F
体育館:猫田記念体育館
    〒734-0007 広島県広島市南区皆実町2-8-42

■出演選手情報
[画像7: リンク ]


●#3 セッター:深津 旭弘(フカツ アキヒロ)
チームをリーグ初優勝に導いた司令塔。ジャンプ力を活かした高い位置での
トスアップとブロックが最大の武器。
生年月日: 1987 年7 月23 日
身長/ 体重 183cm/78kg
最高到達点/ 指高: 337cm / 240cm


[画像8: リンク ]



●#7 ウイングスパイカー:越川 優(コシカワ ユウ)
幾度もサーブ賞を獲得した鋭いサーブと、豊富な経験に培われたクレバーな
プレイ。その進化はいまだ留まるところを知らない。
生年月日: 1984 年6 月30 日
身長/ 体重 189cm/88kg
最高到達点/ 指高: 345cm/243cm


[画像9: リンク ]


●#14 ウイングスパイカー:八子 大輔(ヤコ ダイスケ)
これまでに数々の栄光を勝ち取ってきたバレーボール界のサラブレッド。
生年月日: 1988 年10 月7 日
身長/ 体重 193cm/87kg
最高到達点/ 指高: 355cm/250cm



[画像10: リンク ]


●#18 オポジット:Leandro Vissotto Neves
        (レアンドロ・ヴィソット・ネヴェス)
これまでに数々の国際大会で栄光をつかんできた"勝利の味"を知る男。
212cmの長身から繰り出される豪快なスパイクが魅力。
生年月日: 1983 年4 月30 日
身長/ 体重 212cm/97kg
最高到達点/ 指高: 360cm/277cm


[画像11: リンク ]


●#20 ミドルブロッカー:筧本 翔昂(トイモト ショウゴ)
国内屈指の指高を誇る大型ミドルブロッカー。
生年月日: 1987 年6 月25
身長/ 体重 198cm/100kg
最高到達点/ 指高: 343cm/273cm

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。