logo

ユーブロックス社、低電力機器向けGPS/GLONASS対応の新製品u-blox 8を発表

ユーブロックスジャパン株式会社 2016年01月08日 10時00分
From DreamNews

プレス・リリース
平成28年1月8日
ユーブロックス ジャパン株式会社


ユーブロックス社、低電力機器向けGPS/GLONASS対応の新製品u-blox 8を発表

ウェアラブル・デバイスやスポーツ用トラッキング機器などの低消費電力が重視されるアプリケーション向け高感度GPS/GLONASSレシーバー


2016年1月8日、スイス、タルウィル -スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周)は、本日、u-blox 8 GPS/GLONASSレシーバー・プラットフォームを発表しました。ナビゲーション性能と最高精度を求めるアプリケーションに最適なu-blox M8プラットフォームに、省電力重視の用途向け機能を追加することで、この新プラットフォームはu-bloxのGNSSプラットフォーム・ポートフォリオを完成させるものです。

u-blox 8は、前身のu-blox 7を大幅に改善、追従感度は4dBm向上し、-166dBmです。オドメーター機能の強化、新しいジオフェンシング機能、プリセット・パワー・セーブ・モードの最適化により、スポーツ用機器の消費電力を半減します。GNSSの捕捉性能を改善するためにオンライン、オフライン、および単独型サービスとして無償提供されるAssistNowも改良されました。つまり、この新しい測位プラットフォームは、すべてのバッテリー駆動機器、特にウェアラブル機器やスポーツ用トラッキング機器に最適です。

「最近は1つのボタン電池のみに頼るポータブル・アプリケーションが多いため、低消費電力は非常に重要です。u-blox 8は、性能を損なわずに消費電力を低減することを念頭に置き、ウェアラブルおよびトラッキング・アプリケーション向けに開発されました」とu-blox社プロダクト・マーケティング(測位)のUffe Plessは述べています。

u-blox 8はu-blox 7とピン互換性があり、消費電力が重視される用途を対象とすることでu-blox GNSSプラットフォームのファミリー群を充実させ、一方で既存のu-blox M8プラットフォームは引き続き、ナビゲーション性能と高精度を必要とするアプリケーションに対応します。

u-blox 8は、チップおよび複数のフォーム・ファクターのモジュールとして提供します。u-blox 8チップおよびモジュールの顧客向けサンプルは、2016年第2四半期までに提供予定です。








ユーブロックスについて
スイスのユーブロックス社(SIX:UBXN)は、自動車、産業、民生市場向けにワイヤレスおよび測位用半導体を提供するグローバルリーダーです。弊社のソリューションにより、人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、セルラーや近距離無線を通しワイヤレスに通信を行うことを可能にしています。ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様がIoT向けに革新的なソリューションを迅速かつ廉価に開発するためのお手伝いをしています。ユーブロックスはスイスのタルウィルに本社を置き、世界の各地、特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。詳細についてはwww.u-blox.com/jaをご覧ください。

最新情報は、LinkedIn、Twitter:@ublox、YouTube、Facebook、Google+でもご覧いただけます。

<プレス・リリースのお問い合わせ先>
ユーブロックスジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
カントリー・マネージャー
仲  哲周
電話:03-5775-3850
e-mail:tesshu.naka@u-blox.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事