logo

(株)百戦錬磨・とまれる(株)と久志地域交流推進協議会が民泊事業で業務提携 おとな民泊で地方創生に貢献

株式会社百戦錬磨 2015年12月26日 12時44分
From 共同通信PRワイヤー

2015/12/25

百戦錬磨

(株)百戦錬磨・とまれる(株)と久志地域交流推進協議会が沖縄県「久志エリア」にて民泊事業を推進します。

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)及び子会社のとまれる株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三口 聡之介、以下「とまれる」)は、久志地域交流推進協議会(所在地:沖縄県名護市、会長:島袋正敏、以下「久志地域交流推進協議会」)と業務提携し、地方創生に貢献するため、久志エリアの民泊事業を推進いたします。

沖縄県は、海、山をはじめとする大自然に囲まれた全国屈指の観光地であり、教育旅行を中心とした民泊が盛んにおこなわれていました。しかしながら、これまでの民泊においては、中高生が中心であり、成人したおとなが民泊に参加する機会は限られておりました。今回展開する事業は、おとなを中心としたグループにも民泊を体験する機会を提供することで、地域の消費が促進され、地域創生に貢献することが期待されます。

本事業提携は、とまれるが運営するおとなの体験民泊サービスである『とまりーな』を、久志地域交流推進協議会が公式に推奨するサービスとして、久志エリアでの民泊推進するものです。百戦錬磨は沖縄県内に100%子会社である株式会社GINOW(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:三口 聡之介)を設立しており、今回の久志エリアはもとより沖縄県全土へと事業を拡大してまいります。

また、百戦錬磨は既に、株式会社ドコモ・バイクシェア(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:坪谷寿一、以下「ドコモ・バイクシェア」)とのレンタサイクル運営連携事業を久志エリアにて開始することを表明しており、今回の久志地域交流推進協議会との提携により、さらなるサイクルツーリズムの拡大を推進いたします。

<宿泊サイト概要>
■久志民泊とは 「人生観が変わる旅を!」
久志地域では、農家さんを中心にやんばるの農村で自然、人と人のつながり、農業などの営み、文化などの体験を通して学ぶ、学習プログラム「久志農村民泊」を実施しています。
対象は中学・高校の修学旅行生だけでなく、沖縄の文化や癒しを求める大人、大学生のボランティア・ゼミ合宿、移住希望の方、海外の方など。もちろん沖縄県内の方も大歓迎です。
久志地域を訪れる方々の希望に合わせて事務局がコーディネートします。
2014年から東村観光推進協議会と連携し修学旅行の受け入れを開始し、2015年からは外国人観光客や国内観光客、大学生のゼミの受け入れをスタート

■STAY JAPAN  サイトURL(リンク
国家戦略特別区域内の国内大都市を中心エリアとした住宅物件に泊まれる宿泊予約サイト
日本国内を宿泊先として民家を探しているゲストと、日本各地の空き部屋、空き物件をお持ちのホストを簡単、安全につなげるサービスです。

■とまりーな サイト(リンク
沖縄特集ページ(リンク
東北を皮切りに運営開始した農家や漁師の自宅で体験&宿泊ができる民泊予約サイトです。沖縄県内においては65件の施設が登録されています。現在、県内では帰仁村を中心とした北部ヤンバル地域が多数を占めるが順次県内各地に対応エリアを拡大すべく、参画施設を募集しています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事