logo

【ORICON STYLE×サイバー学習国】動画で学べる“冬休み特別講義”が開講!デーブ・スペクター先生のダジャレに力がこもる「近代日本史」ルー大柴先生と“ことわざ”でトゥギャザーする「国語」

株式会社oricon ME 2015年12月25日 12時00分
From PR TIMES

2015年12月25日(金)よりWEB『ORICON STYLE』内で配信

日本最大級のエンタテイメントサイトのORICON STYLE(運営:株式会社oricon ME)は、放送プロデューサーのデープ・スペクターさんと、タレントのルー・大柴さんを講師に招き、動画による冬休み特別授業を12月25日(金)よりサイト内で開講いたします。日本初のアバターで通学できる通信制高校「サイバー学習国」とのコラボレーションによって実現したもので、デープ・スペクターさんによる「近代日本史」と、ルー大柴さんによる「国語」の二つの授業を動画で受けることができます。







エンタテイメントと教育の融合「エデュテイメント」をテーマに、ORICON STYLEでは、エンタテイメントを教育に取り入れたコンテンツ開発に力を入れております。楽しみながら学んで力をつけられるサイトを目指したもので、今回の特別授業は、その具体的な実現の一つとして行うものです。「サイバー学習国」を運営する学校法人花沢学園の協力を得て実現に至りました。
[画像1: リンク ]



この「サイバー学習国」とは、インターネット上の学校にアバタ―を使って通う学校です。日本初となる通信制バーチャル高校として今年の4月に開校しました。バーチャルな校内で、動画での授業や小テストを受講し、3年間で高校卒業の資格が取得可能です。アバタ―の服や持ち物など様々なアイテムを購入したり、クラスメイトとのオープンチャット機能でコミュニケーションをとったりと、エンタテイメント性も兼ね備えており、まさに「エデュテイメント」といえます。そこで、サイバー学習国の動画授業を取り入れ、特別授業を行うことになりました。デープ・スペクター先生による「近代日本史」の授業では、『英検3級』を自称する日本史 講師デープ先生が服装や食文化に焦点をあてた近代日本史を講義します。デーブ先生独特の一流(!?)のダジャレを交えながらの講義で、明日使えそうで使えないけど、知ってると 少し楽しい日本史学が学べます。また、ルー大柴先生による「国語」の授業では「ことわざ」を題材に『ルー語』を交えながら楽しくハイテンションに「ことわざ」を一つ一つ解説します。

配信は、12月25日(金)12:00からORICON STYLEのサイト内で開始いたします。

==================================================
【 ORICON STYLE×サイバー学習国 講義内容】

(1)デープ・スペクター先生に学ぶ「近代日本史」

鎖国をしていた日本がペリー来航以降、どう変わってきたかを、外国人ならではの視点で紹介する講義。1部では、服装について、2部では食文化について講義する。はずなのだが、クールギャグを連発していくうちにどんどん脱線していく。しかし、脱線していくのも昔から愛されてきた講義の形。ちょっとクスっとしているうちにどんどん話にのめり込み、気がついたら、「背広」という名前の由来や、開国当時、日本にやってきた外国が日本に何をもたらし、逆に何を求めたかなど、ちょっとした豆知識を得ることができる。
URL:リンク
[画像2: リンク ]



(2)ルー大柴先生に学ぶ「国語」

ルー大柴先生がハイテンションに「ことわざ」について説明する講義で、初級編と上級編の2部構成。初級編では、「当たってブレーク!!」や「渡る世間にデビルはない」など簡単な「ことわざ」をいちいちルー語に変換しながら解説していく。上級編になっても「ネイルの垢を煎じてドリンク」、「七スリップ八ゲラップ」などルー語は絶好調。普段あまり深く考えることがない「ことわざ」について考えさせてくれる。「エブリバディトゥギャザーしましょう」の掛け声のもと、一緒に「ことわざ」をルー語で声に出すのも元気になれる。
URL:リンク
[画像3: リンク ]



==================================================

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事