logo

「Cloud Shared Office」が「クラウド認定プログラム」に認定

株式会社ソルクシーズ(東証二部 証券コード:4284、東京都港区、代表取締役社長:長尾 章)の提供するクラウドサービス「Cloud Shared Office」(以下、CSO)が、一般社団法人クラウドサービス推進機構により「クラウドサービス認定プログラム」に認定されましたことをお知らせ致します。
「クラウドサービス認定プログラム」とは一般社団法人 クラウドサービス推進機構(CSPA)が、中小企業の経営を支える基盤として、良質なクラウドアプリケーションサービスのビジネス活用を推進するために、「クラウドサービス認定プログラム」の公募をおこない、中小企業が安全に、そして安心して持続的にビジネスで活用できるクラウドサービスの要件を定めた審査ガイドラインに沿って、厳正に審査をおこない、審査基準をクリアしたサービスが認定されるプログラムです。
今回の認定は、Cloud Shared Officeが中小企業で安全に、そして安心して持続的にビジネスで活用できるクラウドサービスであると認められたことを意味します。

【Cloud Shared Offices シリーズについて】
■ファイル共有サービス Cloud Shared Office ECM
メールを使用せずに社内外ともに安全にファイル共有が実現できるため、メールの誤送信や添付ファイル相違などの心配がありません。企業規模に合わせ5つのエディションを提供、月額1万円からご利用可能なサービスです。
リンク

■クラウド帳票サービス Cloud Shared Office WebReport
カスタマイズ可能な200以上の帳票テンプレートを標準搭載、エクセルで簡単にレイアウト可能な帳票サービスです。
リンク

■「Cloud Shared Office」WEBサイトはこちら
リンク

*Cloud Shared Office、CSOは株式会社ソルクシーズの登録商標です。

【一般社団法人クラウドサービス推進機構について】
所在地:東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス9F(ITCA内)
設立日:2013年8月
理事長:松島 桂樹
一般社団法人クラウドサービス推進機構のWEBサイトはこちら
リンク

【会社概要】
社名株式会社ソルクシーズ
所在地〒108-0014 東京都港区芝 5-33-7 徳栄ビル 9F
設立1981年2月
資本金14億9,450万円
代表者代表取締役社長 長尾 章
事業内容SI/受託開発業務(システムコンサルティング、システムの設計・開発・運用・保守)、ソリューション業務(セキュリティコンサルティング、パッケージシステムの開発・販売・保守)及び関連機器の販売等
会社ホームページリンク

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。