logo

NTT西日本 × 大和ハウス工業の共催による「House de Hack! -IoTで暮らしを変える、ビジネスアイデアコンテスト-」の開催について(ニュースリリース)

■電気通信事業者と住宅メーカーの共催による日本初のアイデアコンテスト

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪市中央区馬場町3-15、代表取締役社長:村尾 和俊 以下、NTT西日本)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区梅田3-3-5、代表取締役社長:大野 直竹 以下、大和ハウス工業)は、長年、独創的なアイデアや高い技術力を発信してきたモノづくりの関西を、さらに盛り上げることを目的に、電気通信事業者と住宅メーカーの日本初のコラボレーションによる、ビジネスアイデアコンテスト「House de Hack! -IoT(※1)で暮らしを変える、ビジネスアイデアコンテスト-」(以下、本コンテスト)を共催します。
 なお、本コンテストの開催にあたり、応募受付を本日2015年12月24日より開始します。
※1 Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと呼ばれ、コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続することで、自動認識などを行うこと。



1.共催に至った背景
 NTT西日本では、他企業とのアライアンスやオープンイノベーション(※2)の取り組みである「Startup Factory(※3)」等を通じて、ICTを活用した便利で快適なサービスの提供に向けて取り組んでいます。
 一方、大和ハウス工業は、少子高齢社会が求めるロボット技術の開発と普及をめざして、2008年1月、ロボット事業推進室を立ち上げ、サイバーダイン株式会社が開発・製造する「ロボットスーツHAL(R)(※4)」のリース・レンタル販売をはじめ、セラピー用アザラシ型ロボット「パロ(R)(※5)」、狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」、難聴者とのコミュニケーション・サポートシステム「COMUOON(コミューン)(※6)」を販売するなど、ロボット事業を拡大しています。
 このような中、生活者の身近なお困りごとを解決するため、生活支援ロボットやICTを自社以外のアイデアと組合せたサービス提供を目的に、本コンテストを共催することとなりました。
※2 企業内部と外部のアイデアを組み合わせることで、革新的で新しい価値、ビジネスモデルを創り出し利益を得る考え方。
※3 アイデア企画から、事業化までのそれぞれのフェーズを支援する取り組み。詳しくは下記URL参照。
    NTT西日本「Startup Factory」の開催について(リンク
※4 「ロボットスーツHAL(R)」はサイバーダイン株式会社の登録商標。
※5 株式会社知能システムが製造・販売するメンタルコミットロボット。「パロ(R)」は株式会社知能システムの登録商標。
※6 ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社が開発・製造する会話支援装置。

                            「House de Hack!」 特設サイト
[画像: リンク ]



2.開催概要
 本コンテストは、「ICTや生活支援ロボットを活用し、日常生活の中でのお困りごとを解決する」をテーマに、新たな生活スタイルを開発・発信するためのコンテストです。本コンテスト参加者さまにはビジネスプラン(事業計画書)を作成いただき、優秀アイデアに賞金を贈呈するとともに、NTT西日本と大和ハウス工業による、事業化を予定しています(※7)。
 なお、本コンテストでは、NTT研究所ならびに大和ハウス工業総合技術研究所のR&D商材等の体験デモも実施し、最新のテクノロジーによる斬新なアイデア想起を行える環境を用意しております。
※7 ビジネス化として実益性の高いものや、事業化の可能性を見出されたと判断された場合に限ります。


[表: リンク ]



【本コンテスト応募に関するお問い合わせ先】
 西日本電信電話株式会社
 アライアンス営業本部 ビジネスデザイン部 アライアンス推進部門 中村
 〒540-8511 大阪府大阪市中央区馬場町3-15
 TEL:06-4793-5977

 大和ハウス工業株式会社 ヒューマン・ケア事業推進部ロボット事業推進室 福田
 〒530-8241 大阪府大阪市北区梅田3-3-5
 TEL:06-6342-1565

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事