logo

文部科学省スーパーグローバルハイスクール指定校5校が合同で「カンボジア研修旅行の研究会と成果発表会」を開催 -- 昭和女子大学附属昭和高等学校

大学プレスセンター 2015年12月24日 08時05分
From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

昭和女子大学附属昭和高等学校(東京都世田谷区/校長 大泉章子)は、スーパーグローバルハイスクール(SGH校)の課題研究として、8月19日~23日までカンボジアで海外フィールドワークを実施した。この学びと気づきをほかのSGH校の教師・生徒と共有するため、同じくカンボジアでフィールドワークを実施した4校との「カンボジア研修旅行の研究会と成果発表会」を平成28年1月9日(土)・10日(日)に開催する。SGH校が合同で取り組む研究会と成果発表会は全国で初めて。


 昭和女子大学附属昭和高等学校では、「LABO」と呼ばれる小グループごとに課題研究を実施しており、カンボジアへのフィールドワークには「LABO3」の7名の生徒が参加した。フィールドワークの研究テーマは「途上国で活躍する女性リーダーの研究」で、発展途上国で教育環境の整備や雇用機会を増やし、経済的自立を支援する女性グローバルリーダーに共通する素質は何かを研究するもの。生徒たちはカンボジアの日本人女性グローバルリーダーの仕事に密着するとともに、東南アジアの歴史や文化を学習、現地の現状を視察した。

 このたび、SGH課題研究の一環として、カンボジアでフィールドワークを実施した、同校を含む5校による合同研究会と成果発表会を開催する。講師の講演から学ぶとともに、宿舎で寝食をともにしながら各校の実践と成果を学び、プログラムの内容を検証しながら意見交換を行って課題を共有する。

 研究会はこれから年1回、SGH校の各地域で順次実施していく予定。第1回は同校が幹事となり、東京で開催する。

(参考)昭和女子大学附属昭和高等学校のSGHの取り組み
 リンク

◆カンボジア研修旅行の研究会と成果発表会
【日 時】 平成28年1月9日(土)・10日(日)
【会 場】 国立オリンピック青少年センター(国際交流棟)東京都渋谷区代々木神園町3-1
【参加校(平成26年度SGH指定校)】
奈良県 私立西大和学園高等学校
広島県 私立広島女学院高等学校
三重県 県立四日市高等学校
岡山県 私立岡山学芸館高等学校(平成27年度指定校)
東京都 私立昭和女子大学附属昭和高等学校(今年度幹事校)
【内 容】
●1月9日(土)
 13:00 受付開始
 13:20 開会・Opening Ceremony
 13:40 Orientation Icebreakers
 14:00 全体会
 15:00 基調講演:「転換期を迎えたカンボジアの政治・社会情勢」新潟国際情報大学国際学部講師・カンボジア市民フォーラム事務局長 山田裕史氏
 17:00 終了
●1月10日(日)
 9:00 ラーニング・ワークショップ、アクション・プランニング・セッション
 10:00 講演:「難民問題について」UNHCR広報官 守屋由紀氏
 12:00 昼食
 13:00 セッション報告、コミットメント発表(英語による)
 14:30 終了

※本研究会および成果発表会への参加は、会場の関係でSGH校・アソシエイト校関係者を対象とさせていただきます。

▼本件に関する問い合わせ先
 昭和女子大学附属昭和高等学校 勝間田
 TEL: 03-3411-5115

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事