logo

ナチュラルクラスターイオン空間における脳機能共同研究成果

株式会社コロナ 2015年12月22日 17時13分
From 共同通信PRワイヤー

2015年12月22日

株式会社コロナ

ナチュラルクラスターイオン空間における脳機能共同研究成果

株式会社コロナ(本社:新潟県三条市 社長:内田 力)は、当社独自の水を微細化するナチュラルクラスター技術により生成するナチュラルクラスターイオン※1 がある環境下において、ナチュラルクラスターイオンが人間の脳に対してどのような影響を及ぼしているかを検証するために、加藤俊徳氏※2(脳の学校主宰・医学博士)と共同研究を行いました。
その結果、通常の空間よりも、ナチュラルクラスターイオンが充満した環境下では脳活動が高まることが分かりました。

実験は、14名の男女を対象に、「ナチュラルクラスターイオンが充満した環境」と「ナチュラルクラスターイオンがない通常の環境」において、単語を暗記する課題と、単純作業(特定の数字をチェックする)課題を行っている時の脳活動を比較しました。また、課題ごとに被験者にアンケートを実施しました。
ナチュラルクラスターイオンが充満した環境では、ナチュラルクラスターイオンがない通常の環境に比べて、「スッキリ、集中できた」というアンケート結果が得られ、脳の活性化を示す「脳の酸素交換量(COE)」も明らかに増加しました。


<実験1:単語暗記課題>
 →ナチュラルクラスターイオンがある環境では、 記憶する時に、脳が効率的に働く

◆実験: 「3 分間で出来る限り多くの単語を覚える時(暗記中)」や、「1 分後に思い出して書く時」の脳活動に違いを、ナチュラルクラスターイオンが充満した環境と、イオンがない環境で比較した。
◆結果: ナチュラルクラスターイオンが充満した環境では、ない環境に比べて、暗記中や思い出し中に、言葉のアウトプットに関わる“伝達系脳番地※3”、言葉の理解に関わる“理解系脳番地” などの働きが有意に高まった。

<実験2:単純作業課題>
 →ナチュラルクラスターイオンがある環境の方が、作業の開始時の集中力を高める

◆実験: 1 分間で出来る限り多くの数字に斜線を引く作業を 3 回繰り返したときの脳活動に違いをナチュラルクラスターイオンがある環境と、イオンがない環境で比較した。
◆結果: ナチュラルクラスターイオンが充満した環境では、イオンがない環境に比べて、初回の作業時に、集中力に関わる“思考系脳番地”や“伝達系・理解系脳番地”などの働きが有意に高まった。

<内省評価>
 →ナチュラルクラスターイオンの環境下の方が、「集中・スッキリ・心地よさ」を実感

◆実験: 使用者がどのように感じているのかを調査するために、記憶課題や単純作業課題の直後に、4 項目(リラックス、集中、スッキリ、心地よさ)を 7 段階で答えるアンケートを実施しました。
◆結果:
・単語の暗記では、すべての項目で、ナチュラルクラスターイオンがある環境で、点数が有意に高かった。
特に、「スッキリ」と「心地よさ」の項目では 1.3 倍、点数が高かった。
・単純作業では、「集中・スッキリ・心地よさ」の 3 項目で、ナチュラルクラスターイオンがある環境での点数が
高かった。 特に、「スッキリ」の項目では 1.4 倍、点数が高かった。
・どちらの課題でも、「集中」の得点が最も高かった。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
実験条件・研究結果詳細は、
>>リンク

尚、本研究成果は、国際学会(ヒト脳機能マッピング学会2015)で発表されました。
Hayakawa T, Uchida T, Yoshino K, Oka N, Kato T.
"Effect of indoor air environment on prefrontal cortical activity: a vector-based fNIRS study".
21st Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping. Honolulu, Hawaii, USA, June 14-18, 2015.
今後も快適で健康的な環境を創出するために、ナチュラルクラスターイオンの効果検証を進めてまいります。

※1 ナチュラルクラスターおよびナチュラルクラスターイオンは、株式会社コロナの登録商標です。
※2 株式会社脳の学校(www.nonogakko.com)の創業者。加藤プラチナクリニック(www.nobanchi.com)院長。
※3 加藤俊徳氏の提唱する脳番地とは、同じような働きをする脳細胞の集まりと、その脳細胞を支えている関連部位の総称であり、思考や言語、運動系統など 120 もの脳番地に分けられます。脳番地は、株式会社脳の学校の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。